So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の10件 | -

原油価格高騰ー週初20日の原油価格(終値)も結局妙な続伸 [原油価格高騰]

 今日のアップは普通に戻った。やれやれ、昨日は終値があったから、ストレスが大分弱まった。明日は遅くなりそう。天気は少し良くなった。風は強く、暑いまま。明日は好天の予報。予報的中を期待したいもの。  20日の原油価格(終値)は結局続伸。52セント高のバレル当り66.43ドルになった。株は概ね上げ、ドルは対ユーロで結局軟化。金融要因は強気だった。アメリカの原油在庫は充分だが、やはりハリケーン次第。  ブレントも同様の動き。38セント高の72.21ドルになった。WTIより上げ幅が小さかったのは、投機のブレントらしくない。中東のジオポリ要因は相変わらずだし世界的に不安が渦巻いているから、こんなところか。  金は続伸。10.4ドル上げてオンス当り1194.6ドルになった。高値も続伸。5.7ドル上げて1197.7ドルになった。それでも未だ1200ドルには至っていない。相当な弱気相場が続いている。  21日午後の取引は原油も金も続伸中。原油が27セント、金は6.2ドル上げているのだ。株は下げ、ドルは対ユーロでより一層軟化。為替が効いた格好になっている。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:マネー

原油価格高騰ー週初20日夜の原油価格も僅かながら妙に続伸中 [原油価格高騰]

 週初のアップは遅くなってしまった。でも、昨日はお休み終値があった分けではない。ストレスが溜まることはない。天気は少し悪くなった。台風の影響か?暑いまま。お盆が明けて本格的動きが始まった。  週初20日夜の原油価格は僅か続伸中。3セント高のバレル当り65.94ドルになっている。株は概ね上げ、ドルは対ユーロで僅か戻し加減。金融要因はまあミックスだ。アメリカの原油在庫は充分だが、今度のハリケーン次第。  ブレントも同様の動き。36セント高の72.19ドルになっている。WTIより上げ幅が大きかったのは、さすが投機のブレント。中東のジオポリ要因は相変わらずだし、世界的に不安が渦巻いているからね。  金は続伸。9ドル上げてオンス当り1193.2ドルになっている。高値も続伸。4.5ドル上げて1196.5ドルになっている。未だ1200ドルには至っていない。相当な弱気相場が続いていると言って良いだろう。  そんな状況だが、取引の推移としては、2時間半程度の間で、原油がほんの僅か続伸、金は上げ幅を縮小中。原油は1セントの上げだから横ばいのようなものだが、金は2ドルの下げ。
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:マネー

原油価格高騰ー週末17日の原油価格(終値)も妙な続伸 [原油価格高騰]

 今日のアップは昨日とほぼ同じ。可も無く不可も無く。気がつけば週末、来週に賭けるしかない。天気は良いまま。僅か和らいだが、酷暑のまま。お盆は明けたが、本格的動きは来週と言ったところ。  17日の原油価格(終値)は続伸。45セント高のバレル当り65.91ドルになった。株は概ね上げ、ドルは対ユーロで軟化。金融要因は一転強気。アメリカの原油在庫が大幅増となったと言うのに、この動きは何だ?  ブレントも同様の動き。40セント高の71.83ドルになった。WTIより上げ幅が小さかったのは、投機のブレントらしくない。中東のジオポリ要因は相変わらずだし、世界的に不安は多いと言うのに。  金は僅か反発。20セント上げてオンス当り1184.2ドルになった。高値も反発。3ドル上げて1192ドルになった。1200ドル復帰はならなかった。相当な弱気相場が続いている。  最終取引は、原油が僅か続伸、金も続伸。原油は1セントの上げだから、横ばいのようなもの。金は7.6ドルの上げ。それでも、1200ドルにはとどいていない。来週はどうなることやら。
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:マネー

原油価格高騰ー16日の原油価格(終値)は妙な反発 [原油価格高騰]

 今日のアップは少し遅くなった。それほどではないが、ストレスは溜まった。天気は良くなった。暑さは酷暑のまま。お盆明けだが、まだ本格的動きとはなっていない。今年は台風の発生が早く、多い。何かと異様。  16日の原油価格(終値)は反発。45セント高のバレル当り65.46ドルになった。株はまちまち、ドルは対ユーロで強いまま。金融要因は弱気のまま。アメリカの原油在庫が大幅増となったのに、この反発は?  ブレントも同様の動き。67セント高の71.43ドルになった。WTIより上げ幅が大きかったのは、さすが投機のブレント。中東のジオポリ要因は相変わらずだし、世界的に不安は多い。そんなこともあるか。  金は僅か続落。1ドル下げてオンス当り1184ドルになった。高値は続落。13ドル下げて1189ドルになった。終に高値でも1200ドルを割った。やはり、相当な弱気相場だ。  17日夕方の取引は、原油が続伸、金が僅か反発中。即ち、原油が29セント、金が70セント上げているのだ。株は上げ、ドルは対ユーロで下げつつある。なるほど、なるほど。まあ、これからだが・・・
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:マネー

原油価格高騰ー15日の原油価格(終値)も妥当な大幅続落 [原油価格高騰]

 今日のアップは早くなった。ホッと一息。ストレスは大分和らいだ。天気は少し悪いまま、酷暑のまま。お盆明けだが、海外組はまだだし、本格的動きとはなっていない。この暑い中、その方が良いかも知れない。  15日の原油価格(終値)は大幅続落。2.03ドル安のバレル当り65.01ドルになった。株は概ね下げ、ドルは対ユーロで強いまま。金融要因はまあ弱気のまま。アメリカの原油在庫が大幅増となったことが主因のようだ。  ブレントも同様の動き。1.70ドル安の70.06ドルになった。WTIより下げ幅が小さかったのは、さすが投機のブレント。中東のジオポリ要因は相変わらずだし、世界的に不安は多い。油断は出来ない状況が続いている。  金は反落。15.7ドル下げてオンス当り1185ドルになった。高値は続落。3.8ドル下げて1202ドルになった。たったの一日で、また、1200ドル割れ。やはり弱気相場だ。  16日午後の取引は、原油が僅か反発、金は続落中。即ち、原油が10セント上げる一方、金が2.4ドル下げているのだ。株は下げ、ドルは一段と強いまま。これからヨーロッパ、アメリカ市場へと移って行く。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:マネー

原油価格高騰ー14日の原油価格(終値)も妥当な続落 [原油価格高騰]

 今日のアップは相当に遅くなった。がっくり。ストレスは一気に溜まった。天気は少し悪くなったが、酷暑のまま。お盆のUターンラッシュがそろそろらしい。混雑の中、落ち着いて帰って来て欲しいもの。  14日の原油価格(終値)は僅か続落。16セント安のバレル当り67.04ドルになった。株はまちまち、ドルは対ユーロで更に続伸。金融要因はまあ弱気。アメリカのガソリン需要、ハリケーンの動向はやはり要注意。  ブレントも同様の動き。15セント安の72.45ドルになった。やはりWTIより下げ幅が小さかったのは、さすが投機のブレント。中東のジオポリ要因は相変わらずだ。やはり油断は出来ない。  金は僅か反発。1.8ドル上げてオンス当り1200.7ドルになった。高値は続落。15.6ドル下げて1205.8ドルになった。1200ドル台へと戻したものの、弱気相場であることには変わりが無い。  15日深夜の取引は、原油も金も下げている。即ち、原油が1.15ドル、金が12.5ドル下げているのだ。株は下げ、ドルは一段と強いまま。これからアメリカ市場へと移って行く。さて、どうなるか?
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:マネー

原油価格高騰ー週初13日の原油価格(終値)は結局妥当に反落 [原油価格高騰]

 今日のアップもそこそこだった。二日連続は嬉しい。昨日は終値があったから余計そうだ。天気は良いまま、酷暑のまま。こんな時には、やはり日陰でひっそりが良い。熱中症にはくれぐれもご注意を。  13日の原油価格(終値)は結局反落。43セント安のバレル当り67.20ドルになった。株は下げ、ドルは対ユーロで更に続伸。金融要因は弱気なままだった。アメリカのガソリンシーズンもそろそろピークを過ぎる。さてと。  ブレントも反落。20セント安の72.61ドルになった。WTIより下げ幅が小さかったのは、さすが投機のブレント。金融要因が弱気の中だったから、余計そうだ。アメリカはまだハリケーンシーズン。油断は出来ない。  金は大幅続落。20.1ドル下げてオンス当り1198.9ドルになった。僅かながら1200ドル割れ。高値は僅かな下げ。3.5ドル下げて1221.4ドルになった。本当に弱気相場だ。株は下げているが、ドルが強いままだった。  14日午後の取引は、僅かながら原油も金も反発中。即ち、原油が29セント、金が2.9ドル上げているのだ。日経平均は上げ、ドルは強いまま。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:マネー

原油価格高騰ー週初13日午後の原油価格は僅かながら妥当に反落中 [原油価格高騰]

 週初のアップはそこそこだった。ホッと一息。でも、昨日はお休み終値があった分けではない。ゆっくり行こう。天気は良いまま、酷暑のまま。こんな時には日陰でひっそりが良い。熱中症にはくれぐれもご注意のほどを。  週初13日午後の原油価格は僅か反落中。10セント安のバレル当り67.53ドルになっている。一時間ほど前は7セント安だったから、じわりと下げた格好。株は下げ、ドルは対ユーロで更に続伸。金融要因は弱気。  ブレントも同様。24セント安の72.57ドルになっている。WTIより下げ幅が大きいのは、投機のブレントらしくない。でも、さっきとは変わらず。その間、一段のドル高の中だから大したもの。  金は続落中。3.6ドル下げてオンス当り1218.4ドルになっている。高値も続落中。3.5ドル下げて1221.4ドルになっている。ますますの弱気相場。株は下げているが、ドルが強くなっているから、そんなところか。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:マネー

原油価格高騰ー週末10日の原油価格(終値)は妙な反発 [原油価格高騰]

 今日のアップは大分早くなった。嬉しかったが、既に週末、来週に期待をつなぐしかない。天気は一段と良くなった。お陰で真夏が戻った。北部では雷雨とか、なんか変。台風14号はほぼ問題無さそう。  週末10日の原油価格(終値)は反発。82セント上げてバレル当り67.63ドルになった。それでも、先週末の68.49ドルにはとどかなかった。この数週間は、ずっとこんな動き。正確には六週連続の下げ。  ブレントも同様。74セント上げて72.81ドルになった。WTIより上げ幅が小さかったのは、投機のブレントらしくない。ドル高、アメリカの掘削リグ数が増えた中だから、大したもの。  金は僅か続落。90セント下げてオンス当り1219ドルになった。高値は僅か反落。70セント下げて1224.9ドルになった。正に弱気相場が続いている。株が下げ、世界的に不安が高まっているのにこれじゃね。  最終取引は、原油が僅か続伸、金が僅か反発。原油が12セント、金が20セント上げたのだ。株は概ね下げ、ドルは対ユーロで強いまま。原油は僅かながら妙な続伸。またぞろ、IEAが危機感を表明したらしい。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:マネー

原油価格高騰ー9日の原油価格(終値)も妥当な続落 [原油価格高騰]

 今日のアップはぼぼ昨日と同じ。ちとガックリ。ストレスが和らぐことはなかった。明日こそは普通に戻りたい。天気は良くなったが安定してはいない。なんか変。まさか台風14号の影響と言うことはないと思うが。  9日の原油価格(終値)は僅か続落。13セント下げてバレル当り66.81ドルになった。株は概ね下げ、ドルは強いまま。金融要因はまあ弱気。それに、やはり、需給からすれば、下げは妥当。  ブレントも同様。21セント下げて72.07ドルになった。WTIより下げ幅が大きかったのは、投機のブレントらしくない。サウジの動向が最も気になるところだが、ハリケーンシーズンのアメリカも要注意だ。  金は僅か反落。1.1ドル下げてオンス当り1219.9ドルになった。高値は僅か反発。1.8ドル上げて1225.6ドルになった。やはり、基本的に弱気相場が続いていると言えそうだ。為替も不利な動きのままだし。  10日夕の取引は、原油も金も続落中。原油が57セント、金が3.6ドル下げている。株は下げ、ドルは対ユーロで強いまま。やはり、為替の影響が大きいのか。株が下げているのに下げているのだから金は弱気だ。
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:マネー
前の10件 | -