So-net無料ブログ作成

原油価格高騰ー4日の原油価格(終値)は妥当な続落 [原油価格高騰]

 今日のアップは昨日より大幅に遅れた。ストレスは大分弱まった。今週もシーソーゲームの様相。関東地方の天気は良かったが、やはり予報では下り坂。気温は低くなった。日中、朝晩の気温の変化が激しいから要注意。  4日の原油価格(終値)は続落。44セント下げてバレル当り49.98ドルになった。おっと、なんと50ドル割れ。株は上げ、ドルが対ユーロで強い中軟化して、やはり金融要因は強気。これは余程のこと。サウジ頼みか?  ブレントも続落。20セント安の55.80ドルになった。やはりWTIより下げが小さかったのは、さすが投機のブレント。クルド問題、ベネズエラ問題スペイン問題、加えてサウジ・ロシア関係とジオポリ要因は多いからね。  金は僅か反発。2.2ドル上げてオンス当り1276.8ドルになった。高値も上げた。7.6ドル高の1285ドルになった。ドル高が幾分是正されたのが効いたか。まあ、世界的にジオポリ要因が相変わらずだし。  5日夜の取引は、原油が僅か反発、金が僅か続伸中。即ち、原油が15セント、金が2.7ドル上げているのだ。株は上げ、ドルは対ユーロで盛り返し中。つまり、金融要因は原油にはミックス、金には弱気だ。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:マネー

原油価格高騰ー3日の原油価格(終値)は僅かながら妥当な続落 [原油価格高騰]

 今日のアップは昨日より大幅に早くなったが、まだまだ遅い。ストレスは幾分弱まった。今週もシーソーゲーム?関東地方の天気は良くなったが、予報では下り坂。気温は低くなった。気温の変化は大きいから要注意。  3日の原油価格(終値)は僅か続落。16セント下げてバレル当り50.42ドルになった。株は上げドルが対ユーロで強い中軟化。金融要因は強気。北半球は需要期に入ったが、やはり需給は緩いまま。サウジ国王の訪ロが注目。  ブレントも続落。12セント安の56ドルになった。やはりWTIより下げが小さかったのは、さすが投機のブレント。クルド問題、ベネズエラ問題そしてスペイン問題とジオポリ要因はあるものの、供給不安は無いまま。  金も続落。1.2ドル下げてオンス当り1274.6ドルになった。高値も下げた。5.4ドル安の1277.4ドルになった。ドル高要因は幾分弱まったものの、世界的にジオポリ要因が相変わらずで、下値は限られている。  4日午後の取引は、原油が続落、金が僅か反発中。即ち、原油が42セント下げる一方、金が3.5ドル上げているのだ。株は僅か上げ、ドルも対ユーロで強い中、軟化中。つまり、金融要因は原油には強気、金にはミックスだ。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:マネー

原油価格高騰ー週初2日の原油価格(終値)は結局妥当な反落 [原油価格高騰]

 今日のアップは相当に遅れた。今週は快調に行きたいものと思っていたが裏腹になった。ストレスは溜まった。関東地方の天気はそこそこだったが、夕からは雨もちらほら。これから悪くなりそうだ。秋晴れが待ち遠しい。  2日の原油価格は結局反落。1.09ドル下げてバレル当り50.58ドルになった。株は上げたが、ドルが対ユーロで強くなった。金融要因はまちまちだった。北半球は需要期に入ったが、需給は緩いままだから妥当な展開だ。  ブレントも続落。67セント安の56.12ドルになった。WTIより下げが小さかったのは、さすが投機のブレント。クルド問題、ベネズエラ問題そしてスペイン問題とジオポリ要因はあるものの、供給不安は無い。  金も続落。9ドル下げてオンス当り1275.8ドルになった。高値も下げてた。10.4ドル安の1282.8ドルになった。ドル高のせいだろうが、世界的にジオポリ要因は相変わらずで、下値は限られている。  3日夜の取引は、原油も金も続落中。即ち、原油が13セント、金が2.6ドル下げているのだ。しかし、株は上げ、ドルも対ユーロで強い中、軟化中。つまり、金融要因は強気だし、ジオポリ要因も多い。さて、と。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:マネー

原油価格高騰ー週初2日午後の原油価格は僅かながら妥当に反落中 [原油価格高騰]

 週初10月2日のアップはやや遅かった。先週は遅くなったり早くなったりまるでシーソーのようだったが、今週は快調に行きたいもの。関東地方は僅か天気が悪くなった。これから悪くなるらしい。秋晴れは続かない。  2日午後の原油価格は僅か反落中。13セント下げてバレル当り51.54ドルになっている。日経平均は僅か上げ、ドルが対ユーロで戻し中。金融要因はまちまちで方向感は無い。北半球は需要期に入ったが、需給は緩いまま。  ブレントも続落中。22セント安の56.57ドルになった。投機のブレントはやはり弱気ムード。クルド問題、ベネズエラ問題とジオポリ要因はあるものの、供給不安は無い。  金も続落中。7.8ドル下げてオンス当り1277ドルになっている。高値も下げている。8.4ドル安の1284.8ドルになっている。しかし、世界的にジオポリ要因が相変わらずで、下値は限られている。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:マネー

原油価格高騰ー週末29日の原油価格(終値)は僅かながら妙な反発 [原油価格高騰]

 今日のアップは早くなった。今週は遅くなったり早くなったりまるでシーソーのようだった。来週は快調に行きたいもの。関東地方は一段と天気が良くなった。気温も一段と秋らしくなった。ようやく秋らしい天気。  週末29日の原油価格(終値)は僅か反発。とは言え、横ばいのようなもの。11セント下げてバレル当り51.67ドルになった。こちらも天気のように、まるでシーソーのようだった。株は上げ、ドルが対ユーロで弱含み。  他方、ブレントは続落。62セント安の56.79ドルになった。投機のブレントは弱気ムードのまま。今週は週初にぐ~んと上げて、その後は下げ続けた。投機筋の心理をそのまま反映した格好だ。  金は僅か反落。3.9ドル下げてオンス当り1284.8ドルになった。高値は僅か反発。1.6ドル高の1293.2ドルになった。しかし、ドルは弱含みだったし、ジオポリ要因もある。下支え要因はしっかり。  最終取引は、原油が僅か反落、金が僅か続落。原油が3セント、金が2.3ドル下げたのだ。原油は結局先週末より僅か1セント安で落ち着いた。今週初めの上げは何だったのかと言ったところ。



アンケート、「100ドル原油時代はまた来るか?」に、ぜひ投票のほどを! https://blog.with2.net/vote/?m=v&id
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:マネー

原油価格高騰ー28日の原油価格(終値)は僅かながら妥当な反落 [原油価格高騰]

 今日のアップは遅くなった。今週は遅くなったり早くなったりまるでシーソーのよう。ストレスは高まった。関東地方はまあ天気が良かった。気温は低いまま。変わり易い天気だから、用心が肝心。  28日の原油価格(終値)は反落。58セント下げてバレル当り51.56ドルになった。こちらも天気のように、まるでシーソーのよう。株は上げたが、ドルが対ユーロで強いまま。  ブレントは続落。49セント安の57.41ドルになった。投機のブレントはやはり弱気ムード。ジオポリ要因にはより敏感なことは敏感なのだが、現下の石油需給からして高いことは高い。  金は僅か反発。とは言え、横ばいと言っても良いほど。90セント上げてオンス当り1288.7ドルになった。高値は続落。7.6ドル安の1291.6ドルになった。方向感はない。ドル高傾向だが、ジオポリ要因もある。  29日夜の取引は、原油が僅か続落、金が僅か続伸中。原油が9セント下げる一方、金が1.2ドル上げているのだ。今日もアジア株はまちまちだが、ヨーロッパは上げて始まった。ドルは対ユーロで強い中、下げつつある。



アンケート、「100ドル原油時代はまた来るか?」に、ぜひ投票のほどを! https://blog.with2.net/vote/?m=v&id
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:マネー

原油価格高騰ー27日の原油価格(終値)は僅かながら妙な反発 [原油価格高騰]

 今日のアップは早くなった。今週は遅くなったり早くなったりまるでシーソーのよう。ストレスは弱まった。関東地方は豪雨の予報だが、今は天気が良くなった。変わり易い天気だから、用心が肝心。気温は幾分低くなった。  27日の原油価格(終値)は僅か上げた。26セント上げてバレル当り52.14ドルになった。こちらも天気ではないが、シーソーのよう。株は上げたが、ドルが対ユーロで強いまま。まあ中東の不安がそのままだしね。  ブレントは僅か続落。54セント安の57.90ドルになった。投機のブレントも弱気ムード?やはり、ジオポリ要因にはより敏感なことは敏感なのだが、ドル高には敵わなかったと言うことか?  金は大幅続落。13.9ドル下げてオンス当り1287.8ドルになった。今度は高値も低下。17.9ドル安の1299.2ドルになった。ドル高はそのままだし、ジオポリ要因も一服と言ったところか?  28日昼過ぎの取引は、原油が僅か反落、金が僅か続落中。原油が15セント、金が1.8ドル下げているのだ。今日もアジア株はまちまちだが、ドルは対ユーロで強いまま。原油は低下幅を拡大中。



アンケート、「100ドル原油時代はまた来るか?」に、ぜひ投票のほどを! https://blog.with2.net/vote/?m=v&id=
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:マネー

原油価格高騰ー26日の原油価格(終値)は僅かながら妥当な反落 [原油価格高騰]

 今日のアップはまた遅くなった。シーソーゲームのようだが、極端に遅くはないから救われた。ストレスが溜まるほどではない。やはり、雲は多いが、天気は良い方。気温は高いまま。本当の秋がなかなかやって来ない。  26日の原油価格(終値)は僅か下げた。34セント下げてバレル当り51.88ドルになった。株は上げたが、ドルが対ユーロで強いまま。協調減産、需給均衡への期待も一服か。中東の不安はそのままだ。  ブレントも僅か反落。58セント安の58.44ドルになった。60ドルへまっしぐらとは行かなかった。投機のブレントも一服。ジオポリ要因にはより敏感なことは敏感なのだが、ドル高には敵わなかったと言うことか。  金も反落。9.8ドル下げてオンス当り1301.7ドルになった。しかし、高値は僅か続伸。1.3ドル高の1317.1ドルになった。ジオポリ要因も一服と言ったところか?まあ、やはりドル高には弱い。  27日夕の取引は、原油が僅か反発、金が僅か続落中。原油が33セント上げる一方、金が4.3ドル下げているのだ。アジア株はまちまちだが、ドルは対ユーロで強いまま。



アンケート、「100ドル原油時代はまた来るか?」に、ぜひ投票のほどを! https://blog.with2.net/vote/?m=v&id=
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:マネー

原油価格高騰ー週初25日の原油価格(終値)は結局大幅 [原油価格高騰]

 今日のアップは相当に早くなった。昨日は終値があったから、嬉しいことだ。ストレスは減った。雲は多いが、天気は良い方だ。今はお日様も顔を出している。気温は高いまま。早いとこ秋らしい秋になって欲しいものだ。  週初25日の原油価格(終値)は結局大幅続伸。1.56ドル上がってバレル当り52.22ドルになった。株は下げドルが対ユーロで強くなった中での上げだから大したもの。協調減産、需給均衡への期待、中東不安がその背景。  ブレントも大幅続伸。2.16ドル高の59.02ドルになった。おっと、60ドルも視野に入れた。さすが投機のブレント。高騰の背景はWTIと同様だが、やはり、ジオポリ要因にはより敏感と言うことか?  金も結局続伸。14ドル上げてオンス当り1311.5ドルになった。高値も続伸。13.9ドル高の1315.8ドルになった。こちらもジオポリ要因の高まりを受けたものだが、北朝鮮問題の影響が大きかった。  26日昼前の原油価格は、原油が横ばい、金が僅か続伸中。金は1.9ドルの上げ。未だ方向感は無い。原油は朝方70セント上げていたのが、横ばいになり、ほんの少し後の現在は1セント上げ。まっ、これから。



アンケート、「100ドル原油時代はまた来るか?」に、ぜひ投票のほどを! https://blog.with2.net/vote/?m=v&id=
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:マネー

原油価格高騰ー週初25日深夜の原油価格は妙なことに続伸中 [原油価格高騰]

 今日のアップは大幅に遅れた。しかし、昨日はお休み、終値があった分けではない。ストレスが溜まることはない。天気は改善したまま。気温も高いまま。それでも、どこか秋らしさは出て来ている。はや9月下旬だからね。  週初25日深夜の原油価格は続伸中。70セント高のバレル当り51.36ドルになっている。株はまちまち、ドルは対ユーロで巻き返している。金融要因はどちらかと言えば、弱気。まっ、クルド問題がきな臭くなったからね。  ブレントも続伸中。92セント高の57.76ドルになっている。WTIより上げ幅が大きいのは、さすが投機のブレント。主要産油国の協調減産順守が確認され、減産幅の増大への期待も高まっているし、クルド問題もあるし。  金は僅か反洛中。1ドル下げてオンス当り1296.5ドルになっている。高値は僅か続落中。40セント安の1301.5ドルになっているのだ。アメリカは着々と金融引き締め感が高まってきているし、ドル高になったからね。



アンケート、「100ドル原油時代はまた来るか?」に、ぜひ投票のほどを! https://blog.with2.net/vote/?m=v&id=
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:マネー