So-net無料ブログ作成
原油価格高騰 ブログトップ
前の10件 | 次の10件

原油価格高騰ー7日、8日の原油価格(終値)はトランプ旋風で乱高下 [原油価格高騰]

 昨日、今日とアップが遅れた。それぞれ終値があったから、ストレスは溜まった。天気は悪いまま。気温も妙に低いまま。奥日光では雪だそうだ。GWが終わったこの時に。驚くばかりだ。  7日、8日の原油価格(終値)は上げて下げた。7日にはバレル当り1.01ドル上げ、8日には1.67ドル下げてバレル当り69.06ドルになった。現下の石油需給からすれば誠に妙な展開だ。ひどい乱高下だ。  ブレントも、7日には1.3ドル上げ、8日には1.32ドル下げて、74.85ドルになった。WTIより上げ幅が大きく、下げ幅が小さかったのは、投機のブレントらしい。まあ、ジオポリ要因にはより敏感な筈だからね。  金は僅かながら続落。7日には60セント、8日には40セント下げてオンス当り1313.7ドルになった。高値は上げて、下げた。7日には3.2ドル上げ、8日には1.6ドル下げて1318.5ドルになった。また、1300ドル割れ寸前になった。ドルが上げたからね。  9日夜の取引は、原油が大幅反発、金が続落中。原油が2.05ドル上げる一方、金が7.3ドル下げているのだ。株はまちまち、ドルは対ユーロで強いまま。金もジオポリ要因の影響を受け易い筈だから、何か妙。
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:マネー

原油価格高騰ー7日夕の原油価格は妙なことに続伸中 [原油価格高騰]

 週初のアップは遅れた。でも、昨日はお休み、終値が無かったので幾分気楽。天気は悪くなった。さっきは雨もちらほら。気温は高いのだが、やはり日陰ではひんやり。いささか妙な天気が続いている。  7日夕の原油価格は続伸中。61セント上げてバレル当り70.33ドルになっている。現下の石油需給からすれば誠に妙なことだが、終に70ドル超えか。まあ、イラン核開発問題がクローズアップされてきているからね。  ブレントも同様。53セント上げて75.40ドルになっている。またWTIより上げ幅が小さかったのは、投機のブレントらしくない。ジオポリ要因にはより敏感な筈だから、これもほんに妙だ。まあ、75ドルを超えたからね。  金は僅か反落中。1.2ドル下げてオンス当り1313.5ドルになっている。高値は反発中。3.2ドル上げて1320.1ドルになっている。また、1300ドル割れ寸前。大量購入の噂もあるのにね。ドルが巻き返し中ではあるが。
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:マネー

原油価格高騰ー週末4日の原油価格(終値)も妙な大幅続伸 [原油価格高騰]

 今日のアップはほぼ普通だった。しかし気づけば既に週末。来週はこんな調子で行きますように!天気は良くなった。気温は高いのは高いが、やはり日陰ではひんやりしたりする。いささか妙な天気だ。  4日の原油価格(終値)は大幅続伸。1.29ドル上げてバレル当り69.72ドルになった。現下の石油需給からすれば誠に妙なことだが、イラン核開発問題がクローズアップされてきているからね。ドル安基調は修正気味だけど。  ブレントも続伸。1.25ドル上げて74.87ドルになった。やはりWTIより上げ幅が小さかったのは、投機のブレントらしくない。ジオポリ要因にはより敏感な筈だから、これも妙だ。まあ、75ドル弱だから。  金は僅か続伸。2ドル上げてオンス当り1314.7ドルになった。高値は僅か反落。2.1ドル下げて1316.9ドルになった。1300ドル割れ寸前だったのが立ち直ったは、やはり、ちと、気が早いかも。大量購入の噂もあるが。  最終取引は、原油も金も僅か続伸。原油が7セント、金が1.3ドル上げたのだ。う~ん。随分と強きなもんだ。これもそれも、トランプ旋風の煽りか。原油は特に12日に向けて緊張が高まっている。
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:マネー

原油価格高騰ー3日の原油価格(終値)も妙な続伸 [原油価格高騰]

 今日のアップはやや早くなった。それでも、まだまだ。ストレスは僅か減ったが。天気は少し良くなったが、はっきりしない。気温は高いのは高いが、日陰では寒く感じたりする。妙な天気が続いている。  3日の原油価格(終値)は続伸。50セント上げてバレル当り68.43ドルになった。現下の石油需給からすれば、やはり妙なことだが、ドル安基調が続いていることは続いている。イラン問題も燻っているからね。  ブレントも続伸。26セント上げて73.62ドルになった。やはりWTIより上げ幅が小さかったのは、投機のブレントらしくない。ジオポリ要因にはより敏感な筈だから、妙だ。もっとも70ドル台はいかいも高いが。  金は反発。7.1ドル上げてオンス当り1312.7ドルになった。高値も反発。4.1ドル上げて1319ドルになった。1300ドル割れ寸前だったのが立ち直った?ちと、気が早いのかも。まあ、いろいろと不安はあるから。  4日夕の取引は、原油も金も僅か反落中。原油が7セント、金が10セント下げているのだ。株は下げ、ドルは対ユーロで戻し加減なまま。原油には中立、金には強気なのだが、まあ、これからだが・・・
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:マネー

原油価格高騰ー2日の原油価格(終値)は妙なことに反発 [原油価格高騰]

 今日のアップも相当に遅れた。ストレスは溜まるばかりだ。天気は午前中はあまり良くなったが、午後には良くなった。気温は高いままだが、夕方には低下した。変わり易い天気が続いている。  2日の原油価格(終値)は反発。68セント上げてバレル当り67.93ドルになった。アメリカの原油在庫が増えるなど現下の石油需給からすれば、妙なことだが、ドル安基調になったことが主因だったとの見方もある。  ブレントは僅か反発。23セント上げて73.36ドルになった。WTIより上げ幅が小さかったのは、投機のブレントらしくない。ドル安基調になる前はドル高だったから、そんなところか。  金は僅か続落。1.2ドル下げてオンス当り1305.6ドルになった。高値も続落。2.5ドル下げて1314.9ドルになった。正に1300ドル割れ寸前。為替はフラフラしているが、ドル高だったのが効いたか。  5月3日夜の取引は、原油が僅か反落、金が反発中。原油が4セント下げる一方、金が11.34ル上げているのだ。株は下げ、ドルは対ユーロで戻し加減。原油には中立、金には強気。さて、アメリカがどうなるか?
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:マネー

原油価格高騰ー月初1日の原油価格(終値)は妥当な大幅反落 [原油価格高騰]

 今日のアップは相当に遅くなった。誠に残念。分かってはいたことだが、ストレスは更に溜まった。天気は悪くなった。午後には雨も降った。気温は高いまま。明日は相当に悪いとの予報だったが、回復は早そう。  月初1日の原油価格(終値)は大幅反落。1.32ドル下げバレル当り67.25ドルになった。現下の石油需給からすれば、妥当な方向だが、ここのところ上げ過ぎたこと、ドル高になったことが下げの主因との見方もある。  ブレントも同様の動き。1.56ドル下げて74.69ドルになった。WTIより下げ幅が大きかったのは、投機のブレントらしくない。まあ、それでも未だ74ドル台だから、高水準。  金は続落。12.4ドル下げてオンス当り1306.8ドルになった。高値も続落。8.5ドル下げて1317.4ドルになった。1300ドル割れ寸前とは驚き。米国での利上げ雰囲気が濃厚になってきたことも効いたようだ。  5月2日夜の取引は、原油も金も僅か反発中。原油が22セント、金が3ドル上げているのだ。株は上げ、ドルは対ユーロで強いまま。原油には中立、金には弱気。アメリカがどうなるかが鍵。
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:マネー

原油価格高騰ー週初30日の原油価格(終値)は結局反発。妙だな~ [原油価格高騰]

 今日のアップは元の木阿弥。残念。昨日は終値があったから、ストレスは溜まった。天気は良いまま、気温も高いまま。GWはこのままいけそう。それでも、朝晩などの気温の変化は大きいまま。風邪など引かぬようご用心。  週初30日の原油価格(終値)は結局反発。47セント上げバレル当り68.57ドルになった。ジオポリ要因の一角は崩れたが、もう一角が頭を擡げた。イスラエルがイランの核開発について新たな証拠を発見と発表。  ブレントは僅か反発。5セント上げて74.69ドルになった。WTIより上げ幅が小さかったのは、投機のブレントらしくない。まあ、それでも未だ74ドル台。高いと言えば高いまま。ドル高の中良くぞ上げたものだ。  金は結局反落。4.2ドル下げてオンス当り1319.2ドルになった。高値は僅か続落。50セント下げて1325.9ドルになった。金の場合はイラン問題はそれほど効かないし、ドルが対ユーロで高基調のままだ。  5月1日午後の取引は、原油が僅か続伸、金が続落中。原油が11セント上げる一方金が5.6ドル下げているのだ。日経平均は上げ、ドルは対ユーロで弱いまま。その意味では、原油にはやはりジオポリ要因が効いている格好。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:マネー

原油価格高騰ー週初30日午前の原油価格は僅か続落中 [原油価格高騰]

 週初のアップは早かった。嬉しいの一言だが、昨日はお休み、終値があった分けではない。天気は良いまま、気温も高いまま。GWはこのままいけそうとの予報だが、春の花は遅咲きが残っている程度。残念さも少し。  週初30日午前の原油価格は僅か続落中。15セント下げバレル当り67.95ドルになっている。取り敢えずは、ジオポリ要因の一角が崩れて、下げたとの印象が強い。ドル高基調も効いているのだろうが、まだまだ高いまま。  ブレントも同様。42セント下げて74.22ドルになっている。WTIより下げ幅が大きかったのは、投機のブレントらしくない。まあ、ジオポリ要因が他にもあるし、需給改善に対する期待も強いので、これから。  金は僅か続伸中。1.7ドル上げてオンス当り1325.1ドルになった。高値は僅か続落中。50セント下げて1325.9ドルになっている。ドルが対ユーロで高基調のままだし、日経平均も上げている。
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:マネー

原油価格高騰ー週末の原油価格(終値)は上げて下げた [原油価格高騰]

 なかなか一週間を通じて普通とは行かない。終に、週末はアップが出来なくなってしまった。ストレスは溜まった。しかし、天気は一転良くなったし、気温も高い。暑いくらいのところもあった。GWはこのままいけそう。  週末の原油価格(終値)は上げて下げた。26日は14セント上げ、27日には9セント下げバレル当り68.10ドルで終わった。需給引き締まりに対する期待は相変わらず強いが、現下の需給はそれほどではない。  ブレントも同様だった。26日には74セント上げたが、27日には10セント下げて74.64ドルになった。WTIより上げ幅が大きかったのは、さすが投機のブレント。下げ幅も僅か大きかったが。まあ、ドル高基調だったから。  金は下げて上げた。26日には4.9ドル下げ、27日には5.5ドル上げてオンス当り1323.4ドルになった。高値は続落。即ち、27日には1.6ドル下げて1326.4ドルになった。ドルが対ユーロで戻し加減の中での動きだ。  最終取引は原油が僅か反落、金が僅か続伸。原油が13セント下げる一方、金が70セント上げたのだ。ドルが対ユーロで強い中だが、金の戻しはたいしたもの。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:マネー

原油価格高騰ー25日の原油価格(終値)は僅かながら妙な反発 [原油価格高騰]

 今日のアップも普通だった。やはり普通が一番。今週はホッと一息。ストレスは大分弱まった。天気は一転良くなった。気温も上がった。暑いくらいのところもある。GWはこの調子だとか。結構、結構。  25日の原油価格(終値)は僅か反発。35セント上げてバレル当り68.05ドルになった。現下の需給からすれば妙。需給引き締まりに対する期待は相変わらず強いと言うことか。株は上げたが、ドルも対ユーロで上げた。  ブレントも同様の動き。14セント上げて74ドルになった。WTIより上げ幅が小さかったのは、投機のブレントらしくない。それでも78ドル台。イラン核開発問題も蒸し返されたようだし、ジオポリ要因が満載のまま。  金は再び大幅反落。10.2ドル下げてオンス当り1322.8ドルになった。高値は僅か続落。70セント下げて1333.8ドルになった。ジオポリ要因は多いものの、ドルが対ユーロで戻したのが効いたようだ。  26日午前の取引は原油が僅か続伸、金が僅か反発中。原油が31セント、金が2.6ドル上げているのだ。アジア株はまちまち、ドルは対ユーロで強いまま。この二大金融要因では、金がまあ弱気、原油はまあ中立。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:マネー
前の10件 | 次の10件 原油価格高騰 ブログトップ