So-net無料ブログ作成
原油価格高騰 ブログトップ
前の10件 | -

原油価格高騰ー14日の原油価格(終値)は妙な反発 [原油価格高騰]

 今日のアップも遅かった。これで連敗か。辛いな~。分かっていたことではあるが、また、ストレスが溜まった。天気は僅か悪くなった。気温も一段と低くなった。真冬だから寒いのは当然だが、穏やかであって欲しい。  14日の原油価格は反発。44セント高のバレル当り57.04ドルになった。アメリカの原油在庫の水準は高いままだが、北海パイプラインの事故の影響が蒸し返された恰好だ。  ブレントも反発。87セント上げて63.31ドルになった。上げ幅がWTIを上回ったのは投機のブレントらしい。それに63ドル台復帰だから、大したもの。まあ、今は需要期、冬場だし、やはり、当の北海産だしね。  他方、金は続伸。8.5ドル上げてオンス当り1257.1ドルになった。高値も続伸。1.9ドル上げて1261.6ドルになった。やはり、アメリカは利上げをしたが、今後のペースが緩やかとの見通しが効いたようだ。  15日夜の取引は、原油も金も続伸中。即ち、原油が22セント、金が2.4ドル上げているのだ。ドルが戻しつつある中だし、妙な続伸だ。原油については、まあ、今は需要期、冬だからと言うのが底堅さの中にある。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:マネー

原油価格高騰ー13日の原油価格(終値)は妥当な続落 [原油価格高騰]

 今日のアップは遅くなった。残念。分かっていたことではあるが、やはり、ストレスは溜まった。天気は良いまま。気温も低いまま。寒さ厳しいのは堪えるが、穏やかな年末年始になって欲しいものだ。  13日の原油価格は続落。54セント安のバレル当り56.60ドルになった。アメリカの原油在庫は減ったが、今の時期は当然のことだし、未だ在庫水準は高いまま。ガソリン在庫が膨れ上がったのが効いたようだ。  ブレントも続落。90セント下げて62.44ドルになった。下げ幅がWTIを上回ったのは投機のブレントらしくない。それでも、まあ、62ドル台維持だから、大したもの。それに今は需要期、冬場だからね。  他方、金は反発。6.9ドル上げてオンス当り1248.6ドルになった。高値も反発。11.8ドル上げて1259.7ドルになった。アメリカは利上げをしたが、今後のペースが緩やかとのことで、ドル弱含みになった。  14日夕の取引は、原油が僅か反発、金が僅か続伸中。即ち、原油が16セント、金が10.1ドル上げているのだ。原油は妙な反発だ。アメリカが年末のガソリンシーズンに入る頃だし、まあ、何せ今は需要期、冬だからね。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:マネー

原油価格高騰ー12日の原油価格(終値)は妥当な反落 [原油価格高騰]

 今日のアップはほぼ普通に戻った。嬉しい。やはり、普通が一番。天気は良いまま。お日様の恩恵を痛感している。ただ、気温は低いまま。相変わらず穏やかな年末年始を期待している。  12日の原油価格は反落。そうだと思う。IEAも供給上の問題があれば、対処すると言ったし、需給からはそう大きな問題は無い筈だ。85セント安のバレル当り57.14ドルになった。施設の老朽化問題は世界的なことだが。  ブレントは大幅反落。1.35ドル下げて63.43ドルになった。これも投機のブレントらしい。上げ過ぎだった。まあ、しかし、冬場だからね。  金は続落。5.2ドル下げてオンス当り1241.7ドルになった。高値も続洛。5.5ドル下げて1247.9ドルになった。ユーロが巻き返した中だったが、ここのところドルが対ユーロで巻き返し気味になった。  13日昼前の取引は、原油、金ともに僅か反発中。即ち、原油が39セント、金が3.5ドル上げているのだ。原油は妙な上げだ。北海の一部パイプラインが止まったところで現下の需給には大して影響は無いが、まあ冬か。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:マネー

原油価格高騰ー11日の原油価格(終値)は結局大幅反発 [原油価格高騰]

 今日のアップは遅れた。残念。昨日は終値があったから、辛い。天気は良いまま。気温が低いと思ったら、ラニーニャのせいらしい。北国では既に雪害などが出始めている。落ち着いた年末年始となって欲しいものだが。  11日の原油価格は、結局、大幅反発。63セント上げてバレル当り57.99ドルになった。現下の需給からすれば、妙なことだと思ったら、北海パイプラインで漏洩事故があったらしい。数週間復旧までに要するとの報道も。  ブレントは当然大幅反発。1.29ドル上げて64.69ドルになった。投機のブレントらしいとからしくないとは言ってられない。パイプライン能力は日量45万バレル程度とのことだが、それは上がる。イギリス政府が供給問題が発生するほどではないと言ったところで、治まらない。いつものことだが。なにせ、このような情報のインパクトは大きい。  他方、金は結局僅か続落。1.5ドル下げてオンス当り1249.9ドルになった。高値も続洛。1ドル下げて1253.4ドルになった。新ジオポリ要因かと思われたニューヨークテロの影響は殆ど無かった。  12日夕の取引は、原油が続伸、金が僅か続落中。原油が44セント上げる一方、金が40セント下げているのだ。北海フォーティズ・パイプラインが止まったところで、現下の需給には大して影響は無い筈だがね・・・
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:マネー

原油価格高騰ー週初11日昼過ぎの原油価格は続落中 [原油価格高騰]

 週初のアップはそれなりだった。昨日はお休み終値が無かったから、余裕だ。天気は良いまま。やはり、お日様の恩恵は素晴らしい。ぽかぽかとまるで春の日のよう。それでも、気温は低いままだから、夕からはご用心。  週初11日昼過ぎの原油価格は続落中。29セント下げてバレル当り57.07ドルになっている。需要期ではあるが、現下の需給からすれば、妥当なことだ。アメリカの原油在庫は減ったが取崩期だから、当然。  ブレントも続落中。30セント下げて63.10ドルになっている。下げ幅がWTIより大きかったのは投機のブレントらしくない。まあ、それでも、未だ63ドル台だから、高いことは高い。  他方、金は反発中。1.8ドル上げてオンス当り1250.2ドルになっている。高値は続洛中。3.2ドル下げて1251.2ドルになっている。高値、安値の値差は狭まっている。上げているのはドル高傾向になったせいだろう。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:マネー

原油価格高騰ー週末13日の原油価格(終値)は妙な続伸 [原油価格高騰]

 終に昨日はアップが出来なかった。あるいはと思っていたが、そうなってしまった。まあ仕方のないことだ。ストレスは溜まったが。今日がそこそこだったのが救い。来週は頑張らねば。天気は良いまま。気温は低いまま。  週末の原油価格は続伸。7日は56.69ドルのなり、更に8日は67セント上げてバレル当り57.36ドルになった。需給からすれば、妙な上げだが、先週末が58.36ドルだったから、未だそれに届いてはいない。  ブレントも続伸。7日が62.20ドル、8日は1.2ドル上げて63.40ドルになった。上げ幅がWTIより大きかったのはさすが投機のブレント。しかし、こちらもWTI同様、先週末の価格(63.73ドル)には届いていない。  他方、金は続落。7日が1253.1ドル、8日は4.7ドル下げてオンス当り1248.4ドルになった。高値も続洛。7日が1266.8ドル、8日が12.4ドル下げて1254.4ドルになった。高値、安値の値差はさらに狭まった。基本的にドル高は金にとって嫌な感じ。  最終取引は、原油が僅か反落、金が僅か反発。即ち、原油が2セント下げる一方、金が2.1ドル上げたのだ。いずれも、行き過ぎ是正との感もあるが、来週の動きの象徴になるのかどうか?
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:マネー

原油価格高騰ー6日のの原油価格(終値)は妥当な大幅反落 [原油価格高騰]

 今日のアップも遅れた。僅か昨日よりは早くなったが、ストレスは溜まるばかりだ。明日は既に用事があり、遅くなることが分かっている。辛い。天気は悪いまま。気温は低いまま。師走に入って既に7日目か。  6日の原油価格は大きく反落。1.66ドル下げてバレル当り55.96ドルになった。終に需要期に56ドル割れか。アメリカの原油在庫は減ったが、ガソリン、中間留分と在庫が増えた。在庫はまあ自然な動きだ。  ブレントも大きく反落。1.64ドル下げて61.22ドルになった。下げ幅がWTIより小さかったのはさすが投機のブレント。トランプ大統領がアメリカ大使館をエルサレムに移転するとの持論を持ち出したのは、大問題化。  金は僅か反発。1.2ドル上げてオンス当り1266.1ドルになった。しかし、高値は続洛。8ドル下げて1271.8ドルになった。高値、安値の値差が再び狭まった。ドル高は金にとって嫌な感じ。  7日夕の取引は、原油が僅か続落、金が反落中。即ち、原油が13セント、金が6.7ドル下げているのだ。株は上げ、ドルは対ユーロで上げたまま。原油、金とも妥当に下げ加減と言ったところだ。
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:マネー

原油価格高騰ー5日の原油価格(終値)は妙なことに僅か反発 [原油価格高騰]

 今日のアップも相当に遅れた。ストレスは溜まるばかりだ。明日は頑張らねば。明後日は既に用事があり、遅くなることが分かっている。辛いな。天気は悪いまま。気温は低いまま。まあ、師走に入って6日目だからね。  5日の原油価格は僅か反発。15セント上げてバレル当り57.62ドルになった。しかし、勢いは無い。アメリカの原油在庫が減るのではとの観測が効いたようだが、今は需要期、在庫は減って当然だしね。  ブレントも反発。41セント上げて62.86ドルになった。上げ幅がWTIより大きいのは投機のブレントらしい。それに、63ドル弱なんだから、結構高い水準。トランプ大統領がアメリカ大使館をエルサレムに移転するとの持論を持ち出したのは、アラブの心を逆なでしたようだ。なんか、嫌な感じ。  金は続落。12.8ドル下げてオンス当り1264.9ドルになった。高値も続洛。70セント下げて1279.8ドルになった。お陰で、高値、安値の値差が少し開いた。ドルはさらに上昇した。  6日夜の取引は、原油が反落、金が僅か反発中。原油が28セント下げる一方、金が4.9ドル上げているのだ。株は下げ加減、ドルは対ユーロで上げたまま。原油は下げ幅を拡大中、金は上げ幅を拡大中。
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:マネー

原油価格高騰ー4日の原油価格(終値)は結局反落 [原油価格高騰]

 今日のアップは相当に遅れた。分かってはいたことだったが、やはりストレスは溜まった。明日から頑張らねば。天気は幾分悪くなった。気温は低いまま。まあ、冬らしい天気ではある。  4日の原油価格は結局反落。89セント下げてバレル当り57.47ドルになった。下げトレンドが続いた。減産延長決議については、その受け止め方について分かれるところだが、需給は緩いままだからね。  ブレントも反落。1.28ドル下げて62.45ドルになった。下げ幅がWTIより大きいのは投機のブレントらしくない。まあ、それでも、63ドル弱なんだから、良しとせねば。今は需要期だし、大きく崩れることはないだろう。  金も反落。4.6ドル下げてオンス当り1277.7ドルになった。高値も反洛。12ドル下げて1280.5ドルになった。高値、安値の値差は更に狭まった。ドルもアメリカの税制改革の動向を受けて上昇した。  5日夕の取引は、原油が僅か続落、金が僅か反発中。原油が14セント下げる一方、金が60セント上げているのだ。株は下げ加減、ドルは対ユーロで上げたまま。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:マネー

原油価格高騰ー週初4日午前の原油価格は妥当に反落中 [原油価格高騰]

 週初のアップは普通だった。嬉しいことだが、昨日はお休み終値があったわけではない。残念。明日からが勝負。天気は良いまま。気温も低いままだが、やはり日差しがあるとその分暖かい。夕からは気を付けないと。  4日午前の原油価格は反落中。25セント下げてバレル当り58.11ドルになっている。先週の最終取引の下げトレンドそのままだ。減産延長決議については、その受け止め方について分かれるところだが、需給は緩いまま。  ブレントも反落中。30セント下げて63.43ドルになっている。下げ幅がWTIより大きいのは投機のブレントらしくない。まあ、それでも、63ドルを超えているのだから、需給からすれば高い水準が維持されている。  金も反落中。4.2ドル下げてオンス当り1278.1ドルになっている。高値も反洛中。10.2ドル下げて1282.3ドルになっている。高値、安値の値差は更に狭まった。アジア株はまちまち、ドルは対ユーロで巻き返し中。
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:マネー
前の10件 | - 原油価格高騰 ブログトップ