So-net無料ブログ作成
検索選択

原油価格高騰ー10日の原油価格(終値)は妥当な反落 [原油価格高騰]

 今日のアップはまた遅くなった。こちらもシーソーゲームのよう。ストレスは少し溜った。不快な蒸し暑さ、異様な暑さは一時休止のまま。夜なんか大分寝易くなった。嬉しいことだが何かと異様は続く。  10日の原油価格(終値)は反落。97セント安のバレル当り48.59ドルになった。アメリカの原油在庫は確かに減ったが、未だ高水準だし、現下の石油需給からしても妥当なことだ。まあ、ドルも幾分持ち直し気味だし。  ブレントもほぼ同じ動き。80セント安の51.90ドル。WTIより下げ幅が小さかったのは、さすが投機のブレント。ジオポリ要因は高まっているし、内外に不安が多いまま。あとはアメリカの石油需要の動向が鍵。  金は続伸。10.8ドル高のオンス当り1290.1ドルになった。高値も上げた。9.1ドル高の1293.8ドルになった。ドルは持ち直し気味だったものの、内外の不安はそのままだからね。  11日昼前の取引は、原油が僅か続落、金が僅か続伸中。即ち、原油が13セント低下する一方、金が1.2ドル上げているのだ。日経平均は僅か下げ、ドルは対ユーロで戻し気味だったがまた弱くなり始めている。



アンケート、「100ドル原油時代はまた来るか?」に、ぜひ投票のほどを! https://blog.with2.net/vote/?m=v&id=
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:マネー