So-net無料ブログ作成

原油価格高騰ー15日の原油価格(終値)は僅かながら妥当な続落 [原油価格高騰]

 今日のアップは早かった。ストレスは大分減った。天気は良いまま。本当にもうすぐ梅雨入りかと言った感。それでも、気温も日毎、時間毎に大きく変化しているような変わり易い天気だから、気を付けねば。  15日の原油価格(終値)は僅か続落。27セント安のバレル当り44.46ドルになった。現下の需給からすれば妥当なことだ。OPEC、IEAの月報も石油需給がバランスするには時間を要するとの評価を下した。  ブレントも僅か続落。8セント安の46.92ドル。下げ幅がWTIより小さかったのは、さすが投機のブレント。株は下げ、ドルも対ユーロで強くなったまま。アフリカ軽質原油の生産に敏感な筈だが、ほぼ横ばいは不思議。  他方、金は大幅反落。21.3ドル下げてオンス当り1254.6ドルになった。高値も15.7ドル下げて1268.5ドルになった。世界的な不安はそのままだし株は下げたものの、ドルが強くなった。アメリカの利上げが効いたようだ。  16日午前の取引は、原油が僅か続落、金が僅か反発している。即ち、原油が7セント下げる一方、金が1.2ドル上げているのだ。日経平均は上げ、ドルは戻し加減のまま。原油にとってはまちまちの動き。


アンケート、「100ドル原油時代はまた来るか?」に、ぜひ投票のほどを! https://blog.with2.net/vote/?m=v&id=
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー