So-net無料ブログ作成

原油価格高騰ー29日の原油価格(終値)は僅か続伸 [原油価格高騰]

 今日のアップは、早くなった。嬉しい。ストレスは大分和らいだ。しかし、明日は遅くなることが分かっている。天気は一転良くなった。嫌な雲があるが、まあ天高くか。しばしの爽やかな秋。  29日の原油価格(終値)は僅か続伸した。即ち、78セント上げてバレル当り47.83ドルになった。OPECショックは限定的だったか?現下の需給からすればこの上げも妙だが、そんなこともあるだろうし、金融要因も効いた。  ブレントも上げた。55セント上げて49.24ドルになった。投機のブレントらしくはないが、50ドルに肉薄だからね。OPECの余韻はそれなりにあるが、それなりだったということか?肝心なのは、これから。  それに、昨日も書いたが、アメリカ・サウジの関係がどうなるかが、微妙に影響するかも。各国間、地域間の相違がどこまで、乗り越えられるのか、はたまた越えられないのか?宗教、民族間の軋轢はやはり大きいとなるか?  金は僅か反発。2.3ドル高のオンス当り1326ドルになった。しかし、高値は続落だった。1.7ドル安の1329.4ドル。金融要因は株がまちまち、ドルは戻し加減のようなそうでないような。方向感が無かった。  30日午前の取引は原油も、金も僅か反落中。即ち、原油が7セント、金が50セント下げているのだ。原油はショックから落ち着き加減か。株は下げ、ドルは対ユーロで戻し加減のまま。やはり、方向感は無い。



アンケート、「100ドル原油時代はまた来るか?」に、ぜひ投票のほどを! http://blog.with2.net/vote/?m=v&id=17487
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

原油価格高騰ー28日の原油価格(終値)は大幅上昇 [原油価格高騰]

 今日のアップは、更に遅くなった。いつになったら、落ち着くやら。ストレスは溜まった。天気も悪くなったし。いつになったら、天高くとなるのやら。秋雨前線のあの長さ、溜息だ。妙にむしむしするし。嫌だ。嫌だ。

 28日の原油価格(終値)は大きく反発した。2.38ドル上げてバレル当り47.05ドルになった。OPECへの期待が一気に回復した。現下の需給からすれば妙だが、歴史的にはありうることだ。その意味では妙ではない。

 ブレントはより大きく上げた。2.72ドル上げて48.69ドルになった。一気に50ドルに近付いた。さすが投機のブレント。その具体性はともかく、OPECが吼えれば、価格は動く。しかも、一応臨時総会の決議だし。

 肝心なのは、これからと言っても空しい。さっきも言ったが、それが歴史。サウジのスタンスが変わったのか?アメリカ大統領が拒否した9・11法案が議会で再承認されたことが何か影響をしたのか?気になるところだ。

 金は続落。6.7ドル安のオンス当り1323.7ドルになった。高値も下げた。12.4ドル安の1331.1ドル。金融要因は株は上げ、ドルも戻し加減だった。う~ん。向かい風か。

 29日午後の取引は原油が続伸、金は反発中。即ち、原油が11セント、金が2.7ドル上げているのだ。原油は凄いな~。株は上げ、ドルは対ユーロで戻したまま。まあ、本格的動きはもう直ぐだが。



アンケート、「100ドル原油時代はまた来るか?」に、ぜひ投票のほどを! http://blog.with2.net/vote/?m=v&id=17487
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

原油価格高騰ー27日の原油価格(終値)は妥当な反落 [原油価格高騰]

 今日のアップは、若干遅くなった。今日も仕方が無かったが、ストレスはやはり溜まった。一刻も早く元に戻りたいものだ。今日の天気は良くなった。しかし、遠くには雨雲もあり、なかなか天高くとはならない。

 27日の原油価格(終値)は妥当な反落だった。1.26ドル下げてバレル当り44.67ドルになった。OPEC非公式会合への期待がしぼんだことが主因のようだ。イラン、ロシアの石油相には歩み寄りの姿勢が見れなかったようだ。

 ブレントも下げた。1.38ドル下げて45.97ドルになった。また、50ドルからは遠のいた。でも、さすが投機のブレント。45ドル中葉だ。OPECの非公式会合はもうすぐ。さて、どうなることやら。

 金も反落。13.7ドル安のオンス当り1330.4ドルになった。高値も下げた。2.6ドル安の1343.5ドル。金融要因は株がまちまち、ドルが戻し加減だった。どちらかと言えば弱気だが、方向感がある分けではない。

 28日午後の取引は原油も金もほんの僅か続落中。即ち、原油が2セント、金が1.6ドル下げているのだ。株は下げ、ドルは対ユーロで戻したまま。本格的動きはもう直ぐ始まる。



アンケート、「100ドル原油時代はまた来るか?」に、ぜひ投票のほどを! http://blog.with2.net/vote/?m=v&id=17487
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

原油価格高騰ー週初26日の原油価格(終値)は妙な反発 [原油価格高騰]

 今日のアップは、なんと一週間振り。仕方の無いことはあるものだが、ストレスは溜まるに溜まった。早く元に戻りたい。今日の天気は悪いまま。なかなか天高くとはならない。  その間、原油価格(終値)は上がったり、下がったり。16日にはバレル当り43.03ドルだったが、22日には46.32ドルになり、週末には44.48ドルへと反落。そして、昨日週初26日には45.93ドルへと反発した。  ブレントも同様の動き。26日には1.46ドル高の47.35ドル。50ドルからは遠のいたままだが、さすが投機のブレント。上下動の主因は、OPEC、非OPEC会合に対する見方。もうすぐ、結論が出る。さて、どうなるか?  金も反発。2.4ドル高のオンス当り1344.1ドルになった。高値も上げた。1.6ドル高の1346.1ドル。金融要因は株が下げ、ドルも弱かった。つまり追い風になった。基本的な弱気相場の中、戻したということか。  27日午前の取引は原油も金も反落中。即ち、原油が31セント、金が1.5ドル下げているのだ。株は下げ、ドルは対ユーロで弱いまま。さて、今後どうなることやら。本格的動きは夕方からだ。



アンケート、「100ドル原油時代はまた来るか?」に、ぜひ投票のほどを!   http://blog.with2.net/vote/?m=v&id=17487
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

原油価格高騰ー週末16日の原油価格(終値)は妥当な反落 [原油価格高騰]

 今日のアップは早かった。ストレスは大分解消されたが、気が付けば既に週末。来週もこの調子で行きたいものだ。今日の天気は一転良くなったが、気温は妙に高い。相変わらず変わり易い天気が続いている。気を付けねば。  週末16日の原油価格(終値)は反落。88セント安のバレル当り43.03ドルになった。現下の石油需給からすれば妥当だ。株は下げ、ドルは強くなった。金融要因も向かい風だった。  ブレントも反落。82セント安の45.77ドル。50ドルからは更に遠のいたが、さすが投機のブレント。WTIより下げが小さかった。逆値差は2.74ドルへと更に拡大。やはり、いつか来た道だ。  金は続落。7.8ドル安のオンス当り1310.2ドルになった。高値も下げた。11ドル安の1321.5ドル。金融要因はミックスだった。為替が大きく効いたか。あるいは基本的に弱気相場なのか。  最終取引は、原油も金も続落した。即ち、原油が72セント、金が4.8ドル下げたのだ。株は下げ、ドルは対ユーロで強くなった。やはり、為替の動きがより大きく効いたか。



アンケート、「100ドル原油時代はまた来るか?」に、ぜひ投票のほどを!   http://blog.with2.net/vote/?m=v&id=17487
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

原油価格高騰ー15日の原油価格(終値)は僅かながら妙な反発 [原油価格高騰]

 今日のアップはほぼ普通だった。ストレスが溜まることはない。今日の天気は悪いまま。雨は降っていないが、いつ降ってもおかしくない空。気温はより秋らしくなった。相変わらず、台風が心配。来週には近づくかも。  15日の原油価格(終値)は僅か反発。33セント高のバレル当り43.91ドルになった。現下の石油需給からすれば妙。相変わらずのジャブジャブ状態なのに。株は上げ、ドルは弱いまま。なんだ、そうか。  ブレントも反発。74セント高の46.59ドル。50ドルからは更に遠のいたままだが、さすが投機のブレント。WTIより上げが大きかった。逆値差は2.68ドルへと再び拡大。やはり、いつか来た道?困ったことだ。  他方、金は反落。8.1ドル安のオンス当り1318ドルになった。しかし、高値は上げた。2.7ドル高の1332.5ドル。金融要因はミックスだったから、やはり安全資産とリスク資産の間のさ迷いか。  16日午前の取引は、原油が僅か反落、金が僅か反発。即ち、原油が29セント下げる一方、金が1ドル上げているのだ。日経平均が僅か上げ、ドルは対ユーロで戻しつつある。金融要因に明確な方向性がある分けではない。


アンケート、「100ドル原油時代はまた来るか?」に、ぜひ投票のほどを!   http://blog.with2.net/vote/?m=v&id=17487
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

原油価格高騰ー14日の原油価格(終値)も当然の大幅続落 [原油価格高騰]

 今日のアップはやや早くなった。ストレスは幾分和らいだ。今日の天気は一転悪くなった。雨だ。日替わり。日替わりはランチだけで良い。気温は大分和らいだまま。台風がどう動くか。神のみぞ知る。神様お願い。  14日の原油価格(終値)は大幅続落。1.32ドル安のバレル当り43.58ドルになった。現下の石油需給からすれば当然。株は下げたが、ドルは弱いまま。アメリカでは原油在庫が増えたが、あの高水準じゃね。じゃぶじゃぶ。  ブレントも大幅続落。1.25ドル安の45.85ドル。50ドルからは更に遠のいたが、さすが投機のブレント。今回もWTIより下げは少なかった。逆値差は2.27ドルへと再び拡大。じわじわといつか来た道?  金は僅か反発。2.4ドル高のオンス当り1326.1ドルになった。しかし、高値は下げた。6.1ドル安の1329.8ドル。まあ、しかし、金融要因は追い風。安全資産とリスク資産の間のさ迷いはそのまま。  15日午前の取引は、原油が僅か反発、金が続伸中。即ち、原油が13セント、金が2ドル上げているのだ。日経平均が下げ、ドルは対ユーロで弱いまま。原油にはミックス、金には追い風。



アンケート、「100ドル原油時代はまた来るか?」に、ぜひ投票のほどを! http://blog.with2.net/vote/?m=v&id=17487
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

原油価格高騰ー13日の原油価格(終値)は当然の大幅反落 [原油価格高騰]

 今日のアップは幾分遅くなった。いろいろあるものだ。ストレスは幾分溜った。今日の天気は一転良くなった。秋晴れだ。気温も大分和らいだ。しかし、既に台風が来るかもとの情報。来て欲しくないな~  13日の原油価格(終値)は大幅反落。1.39ドル安のバレル当り44.90ドルとなった。現下の石油需給からすれば妥当というか当然。株は下げ、ドルも弱い中戻した。むっ、金融要因も向かい風だったか。  ブレントも大幅反落。1.22ドル安の47.10ドル。50ドルからはまた遠のいた。それでも、さすが投機のブレント。WTIより下げは少なかった。逆値差は2.20ドルへと再び拡大。  金は僅か続落。1.9ドル安のオンス当り1323.7ドルになった。金融要因はミックス。利上げが遠のいたとの見方で、辛うじてこの水準に止まっているのだろう。安全資産とリスク資産の間をさ迷う投機家と言ったところか。  14日昼前の取引は、原油が僅か反発、金が続落中。即ち、原油が18セント上げる一方、金が1.8ドル下げているのだ。日経平均が僅か下げ、ドルは対ユーロで戻したまま。原油には向かい風、金にはミックスのまま。



アンケート、「100ドル原油時代はまた来るか?」に、ぜひ投票のほどを! http://blog.with2.net/vote/?m=v&id=17487
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

原油価格高騰ー週初12日の原油価格(終値)は妙な反発 [原油価格高騰]

 今日のアップはまあ普通だった。昨日は終値があったから、嬉しい。今日の天気は更に悪くなった。雨だ。気温は大分和らいだが、急な温度変化は体に悪い。早く、普通の「天高く馬肥ゆる」秋になって欲しいものだ。  週初12日の原油価格(終値)は結局反発。41セント高のバレル当り46.29ドルになった。現下の石油需給からすれば実に妙。アメリカ株は上げたが、ドルは弱いまま。金融要因はまあミックス。  ブレントも反発。31セント高の48.32ドル。しかし、50ドルからは遠いまま。投機筋は、相変わらずサウジ・ロシア合意に期待を掛けているが、昨日の上げは、アメリカの利上げ動向。もっともその前の急落もそう。  金は結局続落。8.9ドル安のオンス当り1325.6ドルになった。金融要因はミックス。利上げが遠のいたとの見方で、辛うじてこの水準に止まっているのか?本来は上げても良かったのに。  13日午前の取引は、原油が僅か反落、金が僅か反発中。即ち、原油が36セント下げる一方、金が8.6ドル上げているのだ。僅かと書いたが、いずれも昨日の動きをご破算にするほどのものだ。動きが少なかったと言うこと?



アンケート、「100ドル原油時代はまた来るか?」に、ぜひ投票のほどを! http://blog.with2.net/vote/?m=v&id=17487
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

原油価格高騰ー週初12日午後の原油価格は妥当な続落中 [原油価格高騰]

 今日のアップは遅くなった。それでも、昨日は終値があったわけでは無いから、ストレスは溜らない。今日の天気はどんよりと曇っている。気温はやや和らいだ。妙に暑いことは暑い。しかし、もう秋。落ち着くことだろう。

 週初12日午後の原油価格は続落中。72セント安のバレル当り45.16ドルになっている。現下の石油需給からすれば、妥当な方向だ。株は下げたが、ドルも弱くなった。その意味ではミックス。

 ブレントも続落中。68セント安の47.33ドル。50ドルからは遠のくばかりだ。投機のブレントらしくはない。投機筋は、相変わらずサウジ・ロシア合意に期待を掛けていることだろうが、さて、どうなることやら。

 金も続落中。2.2ドル安のオンス当り1332.3ドルになっている。金融要因は追い風に転じたので、それで辛うじてこの水準に止まっているのか?基本的な弱気相場が出現か?



アンケート、「100ドル原油時代はまた来るか?」に、ぜひ投票のほどを! http://blog.with2.net/vote/?m=v&id=17487
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー