So-net無料ブログ作成
検索選択

原油価格高騰ー30日の原油価格(終値)はほんの僅か反発 [原油価格高騰]

 今日のアップもほぼ順調だった。早いもので既に木曜、今週はこの調子でほぼ行けそう。実に嬉しい。天気も好天。やはりお日様は有難いものだ。気温もより暖かい。桜の花も一段と華やかになった。直ぐに満開だ。桜吹雪も近い。それでも油断禁物だが。  30日の原油価格(終値)はほんの僅か反発した。4セント高のバレル当り38.32ドルになった。アメリカの原油在庫増加など現下の石油需給からすれば妙なことではあるが、株が上げ、ドルも対ユーロで弱くなったのだから、そんなところか。  投機のブレントも僅か反発した。12セント上げて39.26ドルになった。さすが投機のブレントだが、40ドル台を割ったまま。逆値差は94セントへと拡大した。異様さはそのままだ。FRB議長の発言がここまで効くとは。困ったことだ。  金は反落だった。7.2ドル下げてオンス当り1228.6ドルになった。しかし高値は続伸だった。3.4ドル上げて1246.8ドルになった。株、為替金融要因は強弱入り乱れのままだったが、はてさて?株高が効いたか?  31日午前の原油価格は原油が僅か反落、金が僅か続落している。即ち、原油が26セント、金が20セント下げているのだ。日経平均ヨーロッパ、アメリカの株高を受け上げたものの、上げ幅を縮小中。ドルは対ユーロで回復気味。まあ方向感はない



アンケート、「100ドル原油時代はまた来るか?」に、ぜひ投票のほどを! http://blog.with2.net/vote/?m=v&id=17487
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

原油価格高騰ー29日の原油価格(終値)は大きく続落 [原油価格高騰]

 今日のアップも順調だった。今週はこの調子で行けそうな気になって来た。誠に喜ばしいことだ。天気はやや悪くなった。それでも時折日が射したり。気温も暖かいような寒いような。場所によって大きく異なる。それでも、桜咲く春だ。  29日の原油価格(終値)は大きく続落した。1.11ドル安のバレル当り38.28ドルになった。現下の石油需給からすれば妥当なことではあるが、投機筋はいまひとたびの大儲けを狙っているようだ。アメリカ株は上げ、ドルも対ユーロで弱かった。あれれ。  投機のブレントも大きく続落した。1.13ドル下げて39.14ドルになった。さすが投機のブレント下げも大きかった。終に40ドル台を割った。逆値差は86セントへと縮小した。異様は異様のままだが・・・う~ん。金融要因はまあ追い風だったが。???  金は大幅反発だった。15.7ドル上げてオンス当り1235.8ドルになった。高値も反発した。20.2ドル上げて1243.4ドルになった。株、為替の金融要因は強弱入り乱れだったが、為替が効いたか?  30日午前の原油価格は原油が僅か反発、金が僅か続伸している。即ち、原油が32セント、金が4.9ドル上げているのだ。金の主力取引は6月に変わって1242.4ドルとなっている。日経平均もドルも下げている。金にとっては追い風、原油には強弱入り乱れ。



アンケート、「100ドル原油時代はまた来るか?」に、ぜひ投票のほどを! http://blog.with2.net/vote/?m=v&id=17487
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

原油価格高騰ー週初28日の原油価格(終値)は結局僅か続落 [原油価格高騰]

 今日のアップも順調だった。嬉しい。今週はこの調子で行けますようにと祈るばかりだ。天気も好転した。やはり、お日様は有難い。気温もいよいよ春だと思わせるように暖かになった。油断は禁物だが、これなら夜桜も。あちらこちらで酒席がみられそう!  週初28日の原油価格(終値)は結局僅か続落だった。7セント安のバレル当り39.39ドルになった。現下の石油需給からすれば妥当なことだが、横ばいと言って良いほどだから、方向感は無い。株はほぼ僅か下げたが、ドルは対ユーロで弱くなった。  投機のブレントも僅か続落した。17セント下げて40.27ドルになった。さすが投機のブレント、40ドル台を維持した。逆値差は88セントに縮小した。異様さは残ったままだが・・・  金も続落だった。1.5ドル下げてオンス当り1220.1ドルになった。高値も続落だった。1ドル下げて1223.2ドルになったのだ。株、為替金融要因は追い風になったが、方向感は無い。ジオポリ要因は一段落か?  29日朝の原油価格は原油も金も僅か続落している。即ち、原油が13セント、金が10セント下げているのだ。日経平均は大きく下げて始まったが、戻し加減、ドルは対ユーロで安い中戻し加減・・・株については、ここのところそうなのだが、必死の戻す力が動いている感じ・・・おっと、僅かな時間の内に原油の下げが19セントへと広がった。



アンケート、「100ドル原油時代はまた来るか?」に、ぜひ投票のほどを! http://blog.with2.net/vote/?m=v&id=17487
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

原油価格高騰ー週初28日朝の原油価格は僅か反発 [原油価格高騰]

 週初のアップは早かった。しかし、昨日はお休み、終値は無い。日本時間では明日が勝負だ。天気は相変わらずはっきりしない。朝早くは日が射したりしていたが、今はドン曇り、雨でも降りそうだ。幾分暖かくはなったが、油断は禁物だ。  週初28日朝の原油価格は僅か反発している。31セント高のバレル当り39.77ドルまで戻している。現下の石油需給からすればおかしな戻しだが、40ドルを挟んだ動きは、かつての異様な高騰からみれば、穏やかなことだ。  投機のブレントも僅か反発している。14セント上げて40.58ドルになった。相変わらず投機のブレントらしい。40ドル台を維持している。お陰で逆値差は61セントに縮小した。異様さは続いてはいるが・・・日経平均は上げたが、ドルも一段と強い・・・  金は続落している。8ドル下げてオンス当り1213ドルになっている。高値も続落している。7.5ドル下げて1216.7ドルになっているのだ。日経平均が上げ、ドルも一段と高い。つまり、金にとって金融要因が向かい風。



アンケート、「100ドル原油時代はまた来るか?」に、ぜひ投票のほどを! http://blog.with2.net/vote/?m=v&id=17487
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

原油価格高騰ー24日の原油価格(終値)は僅か続落 [原油価格高騰]

 今日のアップもそこそこ早かった。ストレスは更に弱まった。天気も回復気味。しかし、行ったり、来たりが続いていたので、落ち着かない。寒の戻りは体にきついし・・・用心に越したことは無い。  24日の原油価格(終値)は僅か続落だった。33セント安のバレル当り39.46ドルになった。現下の石油需給からすればもっと下げても良かったが、アメリカの原油生産量が減少していることが下支えになった。  投機のブレントも僅か続落だった。3セント下げて40.44ドルになった。これも投機のブレントらしい。逆値差は98セントへと更に拡大した。異様さが続く。株はヨーロッパが下げ、アメリカが僅か上げた。ドルも対ユーロで上げたり下げたり。  金も続落だった。2.4ドル下げてオンス当り1221.6ドルになった。高値も続落だった。25.6ドル下げて1224.2ドルになった。株も為替も動きがはっきりしない。ジオポリ(地政学的)要因が引いたのが効いたのだろう。  25日朝の取引は、原油も、金も続落している。原油が20セント、金が7.3ドル下げているのだ。日経平均が僅かながら反発、ドルも対ユーロで回復気味。原油にとっては強弱入り乱れ、金にとっては向かい風になっている。とは言え、今日は、ヨーロッパ、アメリカが聖金曜日でお休み、本格的動きは来週になる。



アンケート、「100ドル原油時代はまた来るか?」に、ぜひ投票のほどを! http://blog.with2.net/vote/?m=v&id=17487
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

原油価格高騰ー23日の原油価格(終値)は大幅続落 [原油価格高騰]

 今日のアップは早くなった。良かった~。ストレスは幾分弱まった。行ったり、来たり、まるで天気のよう。空模様、気温、ともに行ったり、来たり。しかし、寒の戻りは体にきつい。ご用心、ご用心。原油価格も行ったり、来たり。春先はこんなものか?  23日の原油価格(終値)は大きく続落した。1.66ドル安のバレル当り39.79ドルになった。現下の石油需給からすれば妥当な下げだ。アメリカの原油在庫は終に史上最大を更新した。ドルは対ユーロで強くなり、株は下げた。金融要因も支援出来ない。  投機のブレントは大幅反落だった。1.32ドル下げて40.47ドルになった。これも投機のブレントらしい。逆値差は68セントへと拡大した。異様さが嵩じつつある。金融要因も支えていないのに、何故だ?  金は大幅反落だった。24.6ドル下げてオンス当り1224ドルになった。ジオポリ要因がひいたか?高値も反落だった。11.1ドル下げて1249.8ドルになった。株は下げたが、為替は向かい風のままだった。為替が効いたか?  24日午前の取引は、原油も、金も続落している。原油が19セント、金が6ドル下げているのだ。日経平均は僅かだが下げ、ドルは対ユーロで強いまま。原油にとっては向かい風、金にとっては強弱入り乱れになっている。まあ、本格的動きは夕方から



アンケート、「100ドル原油時代はまた来るか?」に、ぜひ投票のほどを! http://blog.with2.net/vote/?m=v&id=17487
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

原油価格高騰ー22日の原油価格(終値)は僅か反落 [原油価格高騰]

 今日のアップは遅くなった。もともと分かっていたことだったが、ストレスは溜まった。天気がまあまあ良かったし、気温もそれほど低くは無かった。しかし、明日からはいよいよ寒の戻りのようだ。気を付けよう。  22日の原油価格(終値)は僅か反落した。7セント安のバレル当り41.45ドルになった。しかし、これは5月渡し同士の比較であって、直近限月の比較即ち4月渡しと昨日から直近月となった5月渡しを比較した場合には1.54ドル高となる。妙な上げとなる。ドルは対ユーロで強くなり、株は方向感が無かった。下げて当然だったのか?  投機のブレントは続伸した。25セント上げて41.79ドルになった。まあ投機のブレントらしい。逆値差は34セントへと拡大した。異様さが戻った。ベルギーでテロがあり、取り敢えず、為替に影響が出たようだ。さて、原油はどうなるか?  金は僅か反発した。4.4ドル上げてオンス当り1248.6ドルになった。高値も上げた。4.2ドル上げて1260.9ドルになった。株には方向感が無く、為替は向かい風のままだったが、ジオポリ(地政学的)要因を受けたからだろう。テロで不安が高まった。  23日夕方の取引は、原油も、金も下げている。原油が46セント、金が16.1ドル下げているのだ。日経平均は僅かだが下げ、ドルは対ユーロで強いまま。原油にとっては向かい風、金にとっては強弱入り乱れになっている。



アンケート、「100ドル原油時代はまた来るか?」に、ぜひ投票のほどを! http://blog.with2.net/vote/?m=v&id=1748722
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

原油価格高騰ー週初21日の原油価格(終値)結局僅か反発 [原油価格高騰]

 今日のアップは普通に出来た。昨日は終値があったからホッとしている。ストレスが溜まることはなかった。天気は良くなった。昨日は桜の開花宣言。今日からより楽しめそうだ。しかし、気温は低いまま。寒の戻りがあるようだし、ご用心、ご用心。  週初21日の原油価格(終値)は結局僅か反発した。47セント高のバレル当り39.91ドルになった。今日から直近の限月となる5月渡しは41.52ドル。現下の需給からすれば?が付くが、かつての高騰状態からすれば、まだまだ低いままだ。  投機のブレントも僅か反発した。34セント上げて41.54ドルになった。投機のブレントらしくない上げだ。逆値差は同限月同士では2セントとまで縮小した。正常化に一歩近づいた格好だが、さて、どうなることやら。  金は結局反落だった。10.1ドル下げてオンス当り1244.2ドルになった。高値も下げた。11ドル下げて1256.7ドルになった。為替が向かい風になったままだから、そんなところなのだろう。なんとか1200ドル台が維持されている。  22日午前の取引は、原油も、金も僅か上げている。日経平均が大きく上げ、ドルも対ユーロで強いまま。原油にとっては強弱入り乱れ、金にとっては向かい風だ。と言うことは金融要因からすれば、あれれと言ったところか。まあ、本格的動きはこれから・・



アンケート、「100ドル原油時代はまた来るか?」に、ぜひ投票のほどを! http://blog.with2.net/vote/?m=v&id=17487
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

原油価格高騰ー週初21日朝の原油価格は僅か続落 [原油価格高騰]

 今日のアップは早くなった。しかし、昨日はお休み、終値があった分けではない。しかも、株式市場も未だ開いていない。天気は良くなりつつあるようだが、未だはっきりしてはいない。春先の特徴か?それでも、今日、桜の開花宣言が出そう。いよいよ本格的春だ。寒の戻りがあるようだが、この勢いうで行きたいものだ。  21日朝の原油価格は僅か続落している。39セント安のバレル当り39.05ドルになった。現下の需給からすれば妥当な下げだが。まあ、しかし、未だ金融要因はドルの戻し加減だけだ。さて、これからどうなるか?  投機のブレントも僅か下げている。4セント下げて41.16ドルになっているのだ。投機のブレントらしい下げだ。逆値差は同限月同士では24セントと小さい。因みに、もう直ぐ直近月となる5月物のWTIは40.96ドルになっている。  金は僅か反発している。10セント上げてオンス当り1254.4ドルになっているのだ。しかし高値は僅か下げている。11ドル下げて1256.7ドルになっている。為替が向かい風になっているのだから、そんなところか?  本格的な動きは、株式市場が開くこれからだが、更に終値に向けては、ヨーロッパ市場の開く夕方までは待たなければならない。そうそう、日本市場はお休みだから、中国市場が開くまでにはまだ時間がある。



アンケート、「100ドル原油時代はまた来るか?」に、ぜひ投票のほどを! http://blog.with2.net/vote/?m=v&id=17487
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

原油価格高騰ー週末18日の原油価格(終値)は僅か続落 [原油価格高騰]

 今日のアップは遅くなった。悲しい。しかし、もう週末、ストレスはそれほど溜まらない。一転天気は悪くなった。誠に変化が激しい。春先はこんなものか?原油価格も妙な急騰が終わった。本当におかしなことだった。  18日の原油価格(終値)は僅か反落だった。76セント下げてバレル当り49.44ドルになった。現下の需給からすればこちらの方が妥当だ。下げ幅が小さかったくらいだ。まあ、しかし、アメリカ株は上げ、ドルが対ユーロで回復気味だった。追い風は止んだ?  投機のブレントも下げた。34セント下げて41.20ドルになった。投機のブレントらしさが戻った。お陰で逆値差は1.76ドルへと拡大した。原油価格の再高騰を囃すものが出て来ている。ヘッジファンドが戻ったとの声も依然から出ている。  金も反落だった。10.7ドル下げてオンス当り1254.3ドルになった。高値も僅か下げた。4.2ドル下げて1267.7ドルになった。金融要因は向かい風になった。しかし、世界的な不安は相変わらずだ。それにしても、その前が上げ過ぎていたのか?  最終取引は、原油が僅か続落し、金が反発した。原油が9セント下げる一方、金が1.7ドル上げた。さ~てと、来週はどうなることやら?主要産油国の増産凍結って?えっ凍結だけと思わないでもないが・・・一体どうなっているのか?



アンケート、「100ドル原油時代はまた来るか?」に、ぜひ投票のほどを! http://blog.with2.net/vote/?m=v&id=17487
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー