So-net無料ブログ作成

原油価格高騰ー週初、月末30日午後の原油価格は僅か反発 [原油価格高騰]

 今日のアップは遅かった。今週は出足が悪い。まあ、しかし、昨日はお休みで未だ終値は無い。ストレスは溜らない。天気は良いままだ。気温は低いままだが、お日様は本当に有難い。サンルームでは暖房は不要。爽やかな晩秋だ。明日からはいよいよ師走。初冬か。  週初、月末30日午後の原油価格は僅か反発している。6セント上げてバレル当り41.77ドルになっている。まあ、横ばいと言っても良い上げだが、上げは上げだ。石油需要期にしては冴えない価格水準が続く。株は下げているし、ドルが対ユーロで一段と高くなっている。  ブレントは続落している。11セント下げて、44.75ドルになっているのだ。さしもの投機のブレントも冴えない。アメリカでは天然ガス価格が僅か反発している。それでも石油換算でバレル当り13.30ドルにしか過ぎない。石油は到底太刀打ちなど出来ない。  金は続落している。1.5ドル下げてオンス当り1054.7ドルになった。高値は大きく下げている。15.9ドル下げて1058ドルになっているのだ。株は下げたものの、ドルは対ユーロで高いまま。更に、アメリカの利上げ観測も相変わらず燻っている。ジリ貧相場だ。



アンケート、「100ドル原油時代はまた来るか?」に、ぜひ投票のほどを! http://blog.with2.net/vote/?m=v&id=17487
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

原油価格高騰ー週末27日の原油価格(終値)は大幅反落 [原油価格高騰]

 今日のアップは相当に遅くなった。今週は快調だったが、最後の最後で失速した。天気は良かった。絶好の外出日和となった。気温は低いままだったが、お日様は本当に有難いものだ。爽やかな晩秋だった。  27日の原油価格(終値)は大きく反落した。1.33ドル下げてバレル当り41.71ドルになった。北半球は石油需要期だが、原油在庫が増えるなど、緩和気味だ。株も下げ、ドルが対ユーロで高いままだ。金融要因にも支援されない。  ブレントは26日も反落していたが、27日には更に下げた。60セント下げて、44.86ドルになった。WTIと同様二日振りとすれば、1.31ドルの下げなる。投機のブレントも冴えない。アメリカでは天然ガス価格が僅か4セント反発した。それでも13.27ドルと言う安値だ。  金は続落だった。13.8ドル下げてオンス当り1056.2ドルになった。高値も下げた。6.5ドル下げて1073.9ドルになった。株は下げたものの、ドルは対ユーロで高いままだ。更に、アメリカの利上げ観測も相変わらず燻っている。  最終取引は原油が僅か反発、金が僅か続落だったが、それぞれ6セント、1セントとほぼ横ばいと言って良い水準だった。勤労感謝の日明け、立会時間の短さから荒い値動きだったが、最終取引は静かに終わったようだ。



アンケート、「100ドル原油時代はまた来るか?」に、ぜひ投票のほどを! http://blog.with2.net/vote/?m=v&id=17487
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

原油価格高騰ー27日午前の原油価格は反落中 [原油価格高騰]

 今日のアップはそこそこ早かった。まあ、今週は快調、縁起は良い。天気は、予報通りだったが、一転良くなった。しかし、気温は低いままだ。爽やかな晩秋になった。明日もこのままらしい。良かった。楽しい週末を過ごせそうだ。  26日の原油価格(終値)はアメリカが勤労感謝の日でお休みのため無かった。電子取引は続いているので、それによれば、27日朝方は35セント安のバレル当り42.69ドルになっていた。昼前の今は51セント安の42.53ドルと下げ幅を拡大している。  アジア株は朝方中国市場が開く前は僅か上げていたものの、今は全面的に下げた。ドルは対ユーロで強いままだ。つまり、金融要因は、僅かな間に悪化した。ジオポリ要因の影響力が低下した中、需給のファンダメンタルズも冴えない。まあ、弱気だ。  ブレントは26日反落した。71セント下げて、45.46ドルになった。投機のブレントとしては、一刻も早い50ドル復帰を意図していたに違いない。相変わらず季節要因は出ない。アメリカでは天然ガス価格も下げている。  金は僅か続伸している。しかし、その上げ幅は縮小している。朝方は、2ドル上げていたが、今は330セント高のオンス当り1070ドルだ。高値も下げている。つまり、6.5ドル下げて1073.9ドルになっているのだ。戦時の金、年末の金も息切れか?span>



アンケート、「100ドル原油時代はまた来るか?」に、ぜひ投票のほどを! http://blog.with2.net/vote/?m=v&id=17487
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

原油価格高騰ー25日の原油価格(終値)は僅か続伸 [原油価格高騰]

 今日のアップも早かった。今週は今のところ快調、縁起が良い。しかし、天気は悪いままだ。気温も一段と低い。天気予報では今日の午後にでも良くなるとのことだが、信じられない。おっと、少し薄日が^^;爽やかな晩秋になることを期待したい。  25日の原油価格(終値)は僅か続伸した。17セント上げて、バレル当り43.04ドルになったのだ。まあ、横ばいのようなものだが、アメリカで原油在庫が増えた中での続伸だからたいしたものだ。株はほぼ横ばい、ドルもはっきりしない。方向感は無い。  ブレントも僅か続伸した。5セント上げて、46.17ドルになった。こちらはより横ばいに近い。なかなか季節要因が出ない。アメリカでは天然ガス価格が僅か反発している。それでも、石油換算でバレル当り13.24ドルに過ぎない。  金は僅か反落だった。3.8ドル下げてオンス当り1070ドルになった。高値も僅か下げた。30セント下げて1080.4ドルになった。ジオポリ要因も息切れのようだ。金融要因にも方向感が無い。やはり、アメリカの利上げ観測が効いているようだ。  最新取引では、原油も金も続伸している。即ち、原油が4セント、金が1.3ドル上げているのだ。アジア株は急伸、ドルは対ユーロで戻し加減。金融軟化気味。原油には追い風、金には強弱入り乱れだ。そうは言っても、まあ、横ばいの値動きだ



アンケート、「100ドル原油時代はまた来るか?」に、ぜひ投票のほどを! http://blog.with2.net/vote/?m=v&id=17487
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

原油価格高騰ー24日の原油価格(終値)はジオポリ要因で大幅反発 [原油価格高騰]

 今日のアップは僅か早くなった。やはり、今週も縁起が良い。しかし、天気は悪くなった。気温はまた低くなった。天気予報では週末に向けて良くなるとのこと。爽やかな晩秋を期待したい。冷たく寒い初冬は12月にして欲しい。  24日の原油価格(終値)は、大きく反発した。1.12ドル上げて、バレル当り42.87ドルになった。この大幅アップの主因は、トルコが領空侵犯でロシアの戦闘機を撃ち落とした事件だ。ロシアは勿論侵犯していないと主張している。  撃ち落とされた戦闘機のパイロットは、パラシュートで脱出したが、一人は空中で射殺され、一人は行方不明だと言う。反シリア勢力に捕まったと言う報道もあるが、判然としない。どうなるかは不明だが、まずは原油価格は上昇する。  ブレントも大きく上げた。1.29ドル上げて、46.12ドルになった。やはり、投機のブレントと言ったところか?あるいは、ようやく季節要因が出始めたかとも思われるが、アメリカでは原油在庫が増加するのではとの予測だし、天然ガス価格は僅か下げた。  金も反発した。7ドル上げてオンス当り1073.8ドルになった。高値も上げた。4.2ドル上げて1080.7ドルになった。本来ならジオポリ要因でもっと上げた筈だ。ドルは対ユーロで強い中下げ気味、株はアジア、ヨーロッパと下げ、アメリカで上げた。アメリカの利上げ観測は相変わらず重しだ。  最新取引では、原油が反落、金が続伸している。即ち、原油が15セント下げる一方、金が2.9ドル上げているのだ。アジア株は下げ、ドルは対ユーロで戻し加減。金融要因は原油に向かい風、金には強弱入り乱れと言ったところだ。まあ、方向感は無いが



アンケート、「100ドル原油時代はまた来るか?」に、ぜひ投票のほどを! http://blog.with2.net/vote/?m=v&id=17487
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

原油価格高騰ー週初23日の原油価格(終値)は僅か続落 [原油価格高騰]

 今日のアップもそこそこだった。今週も縁起が良い?天気も良くなった。気温は低いままだが、お日様を見るとホッとする。天気予報では悪い筈。また、少しずれたようだ。あるいは一度悪くなって、週末に向けて回復するのか?  週初23日の原油価格(終値)は、結局、僅か続落した。15セント下げて、バレル当り41.75ドルになった。今日も、やはり、えっ上がったのではと言う人もいるだろうが、昨日書いた通りで、先高だから同限月同士ではこうなる。因みに期近同士の比較では、1.36ドルアップとなる。  ブレントはそのまんまだ。17セント上げて、44.83ドルになった。う~ん、やはり、投機のブレントと言うべきか?アメリカでは、天然ガス価格が僅か上昇して、石油換算ではバレル当り13.26ドルになった。あるいは、ようやく季節要因が出始めたか?  金も続落だった。9.5ドル下げてオンス当り1066.8ドルになった。高値も大きく続落した。10.7ドル下げて1076.5ドルになった。ドルは対ユーロで強いままだが、上がったり下がったり。株は世界的に高い中僅か下げた。アメリカの利上げ観測が効いたか?  最新取引では、原油も金も僅か上げている。原油が32セント、金が2ドル上げているのだ。アジア株は僅か低下しているが、ドルも対ユーロで高い中軟化傾向になった。金融要因には相変わらず方向感は無い。



アンケート、「100ドル原油時代はまた来るか?」に、ぜひ投票のほどを! http://blog.with2.net/vote/?m=v&id=17487
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

原油価格高騰ー週初23日朝の原油価格は僅か続落 [原油価格高騰]

 今日のアップはそこそこだった。今週も縁起が良いか?しかし、昨日はお休み終値は無いし、天気も悪い。気温も低い。初冬らしい天気に戻った。12月ももうそこだから、こんなものか?天気予報ではもっと良い筈。少しずれて明日にも良くなるのか?  週初23日朝の原油価格は僅か続落している。32セント下げて、バレル当り41.58ドルになっているのだ。こう書くと、えっ上がったのではと言う人もいるだろうが、今日から限月が変わったからだ。先高だから同限月同士ではこうなる。  今日は勤労感謝の日でお休み、東京市場は閉まっている。中国市場がどう開くか?為替はドルが対ユーロで強いまま。今のところ弱気ムードでおかしくはない。  金も僅か続落している。2ドル下げてオンス当り1074.3ドルになっている。高値は大きく続落している。10.7ドル下げて1076.5ドルになっているのだ。ドルは対ユーロで強いまま、株は中国市場がどうなるかは未だ不明だが、金融要因は今のところ弱気だ



アンケート、「100ドル原油時代はまた来るか?」に、ぜひ投票のほどを! http://blog.with2.net/vote/?m=v&id=17487
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

原油価格高騰ー週末20日の原油価格は僅か続落 [原油価格高騰]

 今日のアップは早かった。今週は縁起が良かった。天気も一転良くなった。気温も幾分高くなった。初冬らしい天気から晩秋へと変化した。11月も下旬に入り、イルミネーションが各地で始まってX'masムードが高まった。何だか年々早くなっているような気がするが、美しいことは良いことだ。  20日の原油価格(終値)は僅か続落した。15セント下げて、バレル当り40.39ドルになった。本当に石油需要期にしては安い価格水準だ。ドルは対ユーロで巻き返す一方、株は上昇した。金融要因は強弱入り乱れだった。  ブレントは続伸した。48セント上げて44.66ドルになった。さすが投機のブレントだが、WTIももうすぐ期近物となる1月渡しは僅か18セントだが、上げている。しかし、アメリカでは天然ガス価格が続落した。終に、石油換算でバレル当り12ドル台に突入してしまった。  金も僅か反落だった。1.6ドル下げてオンス当り1076.3ドルになった。しかし、高値は上げた。60セント上げて1087.2ドルになった。ドルは対ユーロで強くなったが、金融要因には相変わらず方向感が無い。むしろ、アメリカでの利上げ観測が効いているのか?  最終取引は、原油が続落する一方金が僅か反発した。原油が39.39ドルと終に40ドルを割り込む一方、金が4セント上げて1076.7ドルになったのだ。まあ、横ばいと言っても良い動きで、相変わらず方向感に乏しかった。



アンケート、「100ドル原油時代はまた来るか?」に、ぜひ投票のほどを! http://blog.with2.net/vote/?m=v&id=17487
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

原油価格高騰ー19日の原油価格(終値)は僅か反落 [原油価格高騰]

 今日のアップはそこそこに早かった。縁起の良いのが続いている。天気は悪い。いつ雨が降りだしてもおかしくはない。気温も低い。一日で初冬らしい天気になった。11月もいよいよ下旬。寒さに備えよう。  19日の原油価格(終値)は僅か反落した。21セント下げて、バレル当り40.54ドルになった。石油需要期にしては安い価格水準が続く。ドルは対ユーロで軟化気味だったが、強いままだった。株は、ほぼ横ばいだったが、アメリカで下げた。  ブレントは僅か続伸した。4セント上げて44.18ドルになった。まあ、横ばいだが、さすが投機のブレントだ。アメリカでは天然ガス価格が続落だった。季節感が出てはいない。  金も僅か続伸した。9.2ドル上げてオンス当り1077.9ドルになった。高値も上げた。12ドル上げて1086.6ドルになった。金融要因には、方向感が無い。相変わらず、基本的には弱気相場にある。  20日午前は、原油も金も僅か続伸している。アジア株は下げ、ドルが対ユーロで戻し加減になっている。原油は2セント高、金が5.2ドル高になっている。まあ、横ばいと言っても良い動きだ。方向感は無い。



アンケート、「100ドル原油時代はまた来るか?」に、ぜひ投票のほどを! http://blog.with2.net/vote/?m=v&id=17487
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

原油価格高騰ー18日の原油価格(終値)は僅か反発 [原油価格高騰]

 今日のアップも早かった。やはり、今週は縁起が良い。天気は崩れた。未だ雨は降っていないが、今にも降り出しそうだ。気温も低くなった。まあ、晩秋らしい天気になった。11月もそろそろ下旬に入る。こんなものか?天気の急変には気を付けよう。  18日の原油価格(終値)はほんの僅か戻した。8セント上げただから、横ばいと言っても良い。バレル当り40.75ドルになったものの、石油需要期にしては安いままだ。ドルは対ユーロで強いままだった。株は、アジア、ヨーロッパと下げたものの、アメリカで上げた。方向感は無い。  ブレントも上げた。57セント上げて44.14ドルになった。投機のブレントだから、こちらの方が上げ幅が大きかったと言うことは・・・アメリカでは天然ガス価格が続落だった。やはり、季節感は無い。  金も僅か戻した。10セント上げてオンス当り1068.7ドルになったのだ。しかし、高値は大幅続落だった。10.5ドル下げて1074.6ドルになった。金融要因には、方向感が無い。基本的に弱気相場にある。  19日午前は、原油も、金も僅か続伸している。日経平均が大きく上げ、ドルが対ユーロで軟化気味。原油は13セント高、金が4.1ドル高になっているのだ。まあ、横ばいに近い動きに過ぎないが・・・中国市場がどう開くか?注目だ



アンケート、「100ドル原油時代はまた来るか?」に、ぜひ投票のほどを! http://blog.with2.net/vote/?m=v&id=17487
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー