So-net無料ブログ作成

原油価格高騰ー7日の原油価格(終値)は妥当な大幅反落 [原油価格高騰]

 今日のアップも遅め。ストレスは僅か溜った。天気は回復気味のまま。気温は低かったり高かったり。分けの分からない天気だ。梅雨入り間近との予報にしては、空が明るい。まあ、これからぐ~んと変わるのかもね。  7日の原油価格(終値)は大幅反落。2.47ドル安のバレル当り45.72ドルになった。現下の需給からすれば妥当なことだ。アメリカの原油在庫も予想に反して増えたことだし。それにドルも一時強くなった。  ブレントも大幅反落。2.06ドル安の48.06ドル。下げ幅がWTIより小さかったのは、さすがに投機のブレント。ただ、失意の50ドル割れ。駆け込み取引が相当に膨れ上がったようだったが、その意味は?  金は反落だった。4.3ドル下げてオンス当り1293.2ドルになった。高値も1.2ドル下げて1297.6ドル。イランでのテロ攻撃など、世界的に不安は高まるばかりだが、ドルが一時強くなったし、上げ過ぎだったか?  8日昼の取引は、原油が僅か反発、金が僅か続落中。即ち、原油が26セント上げる一方、金が4ドル下げているのだ。アジア株は僅か上げ、ドルは対ユーロで再びの弱気ムード。カタール問題の動向も気になるところ。



アンケート、「100ドル原油時代はまた来るか?」に、ぜひ投票のほどを! https://blog.with2.net/vote/?m=v&id=
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0