So-net無料ブログ作成

原油価格高騰ー週末2日の原油価格(終値)は妥当な反落 [原油価格高騰]

 今日のアップは普通だった。普通で週を終えることが出来たことは幸い。ストレスが溜ることは無い。天気は良いまま、気温は高いまま。しかし、相変わらず変化の大きい天候だから、油断は禁物。  2日の原油価格(終値)は反落。70セント安のバレル当り47.66ドルになった。現下の需給からすれば妥当なことだが、市場では協調減産の効果に対する期待も根強いまま。それにドル安の中での反落だから、よほどのこと。  ブレントは続落。68セント安の49.95ドル。下げ幅がWTIより小さかったのはさすがに投機のブレントだが、終に50ドル割れ。その衝撃は相当に大きい。投機筋は血眼だろう。トランプさんのパリ協定離脱決定の衝撃。  他方、金は反発。10.1ドル上げてオンス当り1280.2ドルになった。高値も9.4ドル上げて1282.2ドル。トランプ政権に対する不安はそのままだし、ドルが対ユーロで下げた。アメリカの利上げペース鈍化との見通しも。  最終取引は、原油が僅か反発、金が続伸。即ち、原油が8セント上げる一方、金が1.3ドル下げたのだ。それぞれ、行き過ぎ是正と言ったところか。因みにアメリカでは終にガス価格も3ドル割れ、原油換算18ドル割れ。


アンケート、「100ドル原油時代はまた来るか?」に、ぜひ投票のほどを! https://blog.with2.net/vote/?m=v&id=
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0