So-net無料ブログ作成
検索選択

原油価格高騰ー月初6月1日の原油価格(終値)はほぼ横ばい [原油価格高騰]

 今日のアップは僅か遅くなった。でも、ストレスが溜るほどでは無い。天気は良くなった。気温は高いまま。相変わらず変化の大きい天候だから、猫ちゃん達も戸惑い気味。と、言うこともないか、庭でのんびり中。  月初6月1日の原油価格(終値)はほぼ横ばいだった。4セント高のバレル当り48.36ドルになった。現下の需給からすれば妙なことだが、市場では協調減産の効果に対する期待も根強い。アメリカの原油在庫は減少したし。  他方、ブレントは僅か続落。13セント安の50.63ドルになった。昨日は対ユーロでドルが戻したし、リビアが増産の報の影響もあった。ロシア、サウジ間の蜜月報道がなければ、もっとぐ~んと下げたことだろう。  他方、金は反落。5.3ドル下げてオンス当り1270.1ドルになった。高値も4ドル下げて1272.8ドル。トランプ政権に対する不安はそのままだが、ドルは戻し加減だった。アメリカの利上げ観測はそのままだし。  2日午前の取引は、原油が僅か反落、金が続落中。即ち、原油が29セント、金が5ドル下げているのだ。日経平均が上げ、ドルは対ユーロで戻し加減だが、ふらふら。中国株式市場も上げて開始。


アンケート、「100ドル原油時代はまた来るか?」に、ぜひ投票のほどを! https://blog.with2.net/vote/?m=v&id=
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0