So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

原油価格高騰ー18日のの原油価格(終値)は僅か反落 [原油価格高騰]

 今日のアップは相当に遅かった。ここのろころ、早かったり、遅かったり、まるでシーソーのよう。ストレスは溜まった。天気は良いまま、気温も低いまま。天気の良いのがせめてもの救い。  18日の原油価格(終値)は僅か反落。2セント下げてバレル当り63.95ドルになった。まあ横ばいのようなものだが。投機資金は相変わらず歯止めに躍起のようだ。株はまちまち、ドルも上げたり、下げたり。  ブレントも同様の動き。7セント安の69.31ドル。やはり、投機のブレントらしくない動きだ。ジオポリ要因にはより敏感だし、より投機資金の受け皿になりやすい筈なのにね。  金は反落。12ドル安のオンス当り1327.2ドルになった。高値も下げた。11.2ドル下げて1333.3ドルになった。ここのところ上げ過ぎとの感が強かった?まあ、世界的に不安が高いが・・・  19日深夜の取引は、原油が続落、金が反発中。原油が50セント下げる一方、金が6.8ドル上げているのだ。株は上げ、ドルは対ユーロで、またまた弱くなっている。そんな中、原油は下げている。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:マネー

原油価格高騰ー16日、17日の原油価格(終値)は下げて上げた [原油価格高騰]

 今日のアップはほぼ普通だった。嬉しいことだが、昨日は終にアップが出来なかった。残念至極。週末にはまたアップが出来そうにない。ストレスが溜まる。今日は二日分のアップ。天気は良いまま、気温も低いまま。  16日の原油価格(終値)は反落。57セント下げてバレル当り63.73ドルになった。17日は、24セント戻して63.97ドル。投機資金が歯止めに躍起のようだ。日経平均は上げて下げたが、ドルはほぼ戻し加減。  ブレントも同様の動き。16日は、72セント安の69.15ドル。17日は23セント高の69.38ドル。まあ、投機のブレントらしくない動きだ。ジオポリ要因にはより敏感だし、より投機資金の受け皿になりやすいのにね。  金は続伸。16日は2.2ドル高のオンス当り1337.1ドルになった。17日も2.1ドル高の1339.2ドル。高値は上げて下げた。16日は2.2ドル上げて1345ドルになったものの17日は50セント安の1344.5ドルになった。  18日午後の取引は、原油が僅か続伸、金が反落中。原油が28セント上げる一方、金が13.3ドル下げているのだ。アジア株は上げ、ドルは対ユーロで戻し加減のまま。さてと。
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:マネー

原油価格高騰ー16日昼前の原油価格は僅か反発中 [原油価格高騰]

 今日のアップは普通だった。久しぶりの普通で嬉しい。しかし、残念ながら昨日はアメリカ市場がお休み、終値がなかった。残念。天気は良いまま、気温も低いまま。冬の好天が続いている。  16日昼前の原油価格は僅か反発中。即ち、24セント上げてバレル当り64.54ドルになっているのだ。現下の需給からすれば妙に高い。やはり投機資金が相当に流入しているようだ。アジア株は上げ、ドルは弱いまま。  ブレントは僅か反落中。それはそうかもね。昨日は何と70.71ドルで終わったようだし。まあ、投機のブレントらしいと言えばそれらしい。ジオポリ要因にもより敏感だし、より投機資金の受け皿になりやすいからね。  金は続伸中。昨日より下げてはいるが、6.8ドル高のオンス当り1341.7ドルになっている。高値も上げている。5ドル下げて1345ドルになっている。株高だが、まあ、ドルが一段と弱くなっているから。
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:マネー

原油価格高騰ー週末12日の原油価格(終値)も妙な続伸 [原油価格高騰]

 今日のアップは大分早くなった。週末に来てやっとホッとしている。ストレスは大分弱まった。天気は良くなった。気温は低い筈だが、ひだまりはまるで春のよう。来週は、挽回と行きたいものだが・・・  週末12日の原油価格(終値)も続伸。50セント上げてバレル当り64.30ドルになった。現下の需給からすれば、やはり妙だが、投機資金が大分流入しているようだ。ドルがまた対ユーロで安くなったし。  ブレントも続伸。61セント高の69.87ドルになった。ようやくWTIより上げ幅が大きくなった。まあ、投機のブレントらしい。ジオポリ要因にもより敏感な筈だからね。いけいけどんどんの時代とは異なるだろうが。  金も続伸。12.4ドル上げてオンス当り1334.9ドルになった。高値も上げた。15.3ドル上げて1340ドルになった。風向きが変わったのか?これまた妙だが、ドルも弱くなったしね。  最終取引は、原油も金も僅か続伸。原油が10セント、金が3.4ドル上げたのだ。いずれも妙に高いが、一体全体、どこまで続くものやら。世界的株高とともに注目。
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:マネー

原油価格高騰ー11日の原油価格(終値)は僅かながら妙な続伸 [原油価格高騰]

 今日のアップも更に遅くなった。辛い、辛い。ストレスは更に溜まった。天気は幾分悪くなった。気温もどんどんと寒くなっている。まあ、冬だから仕方が無いが、嫌だ、嫌だ。  11日の原油価格(終値)は僅か続伸。23セント上げてバレル当り63.80ドルになった。現下の需給からすれば、誠に妙だが昨日より更に上げ幅を狭めた。ドルがまた対ユーロで安くなったが、それにしても妙。  ブレントも僅か続伸。6セント高の69.26ドルになった。またまたWTIより上げ幅が小さかったのは、本当に投機のブレントらしくない。ジオポリ要因にはより敏感な筈だから、これも妙だ。いつか来た道?  金も僅か続伸。3.2ドル上げてオンス当り1322.5ドルになった。高値は下げた。3.9ドル下げて1324.7ドルになった。ドルが弱くなったし、世界的な不安もそのままだが、風向きが変わりつつあるのか?まあ、妙。  12日深夜の取引は、原油が反落、金が僅か続伸中。原油が44セント下げる一方、金が5.7ドル上げているのだ。株はまちまち、ドルは対ユーロで一段と弱い。まあ、もうすぐ、アメリカが開く時間だ。
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:マネー

原油価格高騰ー10日の原油価格(終値)も妙な続伸 [原油価格高騰]

 今日のアップも一段と遅かった。辛いな~。ストレスは大分溜まった。天気は幾分良くなった。気温はまたまた少し寒くなった。明日はもっと寒くなるようだ。嫌だな~。  10日の原油価格(終値)は続伸。61セント上げてバレル当り63.57ドルになった。現下の需給からすれば、誠に妙な続伸だが、昨日よりは上げ幅を狭めた。ドルがまたぞろ対ユーロで安くなったのが効いたか?  ブレントも反発。38セント高の69.20ドルになった。またまたWTIより上げ幅が小さかったのは、投機のブレントらしくない。ジオポリ要因にはより敏感な筈だから、本当に妙だ。アメリカでは原油在庫は減ったが、ガソリン在庫は増えたようだ。  金はようやく反発。5.6ドル上げてオンス当り1319.3ドルになった。高値も反発。7.2ドル上げて1328.6ドルになった。ドルが弱くなったし、世界的な不安もそのままだ。  11日夜の取引は、原油が僅か続伸中、金は横ばい。今は、原油が35セント上げる一方、金は変化無し。株はまちまち、ドルは対ユーロで戻し加減になっている。もうすぐ、アメリカが開く時間だ。でも、寝ちゃうけどね。
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:マネー

原油価格高騰ー9日の原油価格(終値)は大幅続伸 [原油価格高騰]

 今日のアップはまた一段と遅くなった。ストレスは大分溜まった。天気は曇りのまま。雨が降っていないのがラッキー。気温はまた少し寒くなったようだ。冬も盛りだからね。  9日の原油価格(終値)は大幅続伸。1.23ドル上げてバレル当り62.96ドルになった。まっ、何と言っても、現在は、需要期だし、イラン問題も含めジオポリ要因は相変わらずだから。ドルも足踏み気味。  ブレントも反発。1.04ドル高の68.82ドル。WTIより上げ幅が小さいのは、投機のブレントらしくない。ジオポリ要因にはより敏感な筈だから、本当に妙。イラン情勢により大きく変わるだろうがね。  金は続落。6.7ドル下げてオンス当り1313.7ドルになった。高値はまた僅か続落。1.6ドル下げて1321.4ドルになった。ドルが足踏み中だが、世界的な不安もそのままだ。これまでが上げ過ぎだったと言うことか?  10日夜の取引は、原油が続伸、金が反発中。即ち、原油が65セント、金が9.2ドル上げているのだ。株はまちまち、ドルは対ユーロで大きく崩れている。もうすぐ、アメリカが開く。
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:マネー

原油価格高騰ー8日の原油価格(終値)は結局僅か反発 [原油価格高騰]

 今日のアップも遅くなった。昨日は終値があったから、いささかストレスが溜まった。冬らしい天気ではあるが、天気は悪いまま。気温は少し暖かくなったようだが、夕からは元の木阿弥のようだからご用心。  8日の原油価格(終値)は、結局、僅か反発。即ち、29セント上げてバレル当り61.73ドルになった。現在は、一応、需要期にあるし、イラン問題も含めジオポリ要因は相変わらずだ。巻き返し中のドルがそれを抑えた格好。  ブレントも僅か反発。こちらは16セント高の67.71ドル。WTIより上げ幅が小さいのは、本当に投機のブレントらしくない。ジオポリ要因にはより敏感な筈だし、まあ妙だ。今後はイラン問題次第か?  金も僅か反落。1.9ドル下げてオンス当り1320.4ドルになった。高値は僅か続落。1.7ドル下げて1323ドルになった。ドルが巻き返し中だが、世界的な不安もそのままだ。まあ、これまでが上げ過ぎだったか?  9日夕の取引は、原油が反発、金が僅か続落中。即ち、原油が46セント上げる一方、金が1.8ドル下げているのだ。アジア株は上げ、ドルは対ユーロで巻き戻し中のまま。もうすぐ、ヨーロッパが開く。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:マネー

原油価格高騰ー週末5日の原油価格(終値)は反落 [原油価格高騰]

 今日のアップは相当に早くなった。普通には戻れなかったが、ストレスは大分弱まった。天気は好いまま。気温は低いまま。ここのところ同じよう。寒い時にはお日様が本当にありがたい。  5日の原油価格(終値)は反落。57セント下げてバレル当り61.44ドルになった。それでも、未だ、需要期にあるとは言え現下の需給からすれば驚きの高さだ。今度はイランと強気要因が次から次だったが、それぞれ収束気味。  ブレントも反落。45セント安の67.62ドルになった。WTIより下げ幅が小さかったのは、さすが投機のブレント。まあ、イラン問題がどうなるかが大きいが。ドル安も強気要因だし、それに何と言っても需要期だから。  金は僅か続伸。7セント上げてオンス当り1322.3ドルになった。しかし、高値は下げた。2.6ドル下げて1324.7ドルになった。ドル安が続いているし、世界的な不安もそのままだった。高いことは高いが。  最終取引は、原油が僅か反発、金が僅か反落。原油が15セント、金が2.4ドル下げたのだ。原油については、鎮静気味とも伝えられているイラン問題の展開次第によって大きく変わる。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:マネー

原油価格高騰ー4日の原油価格(終値)は僅か続伸 [原油価格高騰]

 今日のアップは相当に遅くなった。と言うか、翌日未明のアップと久しぶりの遅さ。ストレスは相当に溜まった。天気は好いまま。気温は低いままとここのところ同じよう。天気の好いのは幸い。寒さは冬だから仕方ないか。  4日の原油価格(終値)は僅か続伸。38セント上げてバレル当り62.01ドルになった。昨日も書いたが、本当に需要期にあるとは言え現下の需給からすれば驚きだ。北海、リビア、そしてイランと強気要因も次から次だが。  ブレントも僅か続伸。23セント高の68.07ドルになった。WTIより上げ幅が小さかったのは投機のブレントらしくない。イラン問題の影響はより大きい筈だから、尚更おかしい。ドル安はWTIも一緒の強気要因だし。  金は続伸。3.1ドル上げてオンス当り1321.6ドルになった。高値も上げた。4.3ドル上げて1327.3ドルになった。ドル安が続いているし、世界的な不安もそのままだし。それにしても、随分と強いが。  6日未明の取引は、原油も、金も僅か反落中。即ち、原油が37セント、金が1.7ドル下げているのだ。いずれも、行き過ぎ感が強いか?原油は、イラン問題の帰趨次第によっては大きく変わるが。
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:マネー
前の10件 | -