So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

原油価格高騰ー週末15日の原油価格(終値)は妥当な大幅反落 [原油価格高騰]

 今日のアップもやや遅かった。でも、昨日よりは格段に早くなったので、ストレスは大分減った。天気は少し良くなったような。気温は低いまま。まあ、予報通りか。梅雨間の晴れだから良しとするか。  週末15日の原油価格(終値)は、一転して大幅反落。1.83ドル下げてバレル当り65.06ドルになった。需給からすれば妥当だが、OPEC総会を前にしたサウジ、ロシアの話し合いが効いたようだ。  ブレントは大幅続落。2.5ドル安の73.44ドルになった。WTIより下げ幅が大きかったのは投機のブレントらしくない。OPEC総会は時にサプライズもある。その意味では一寸先は闇。22日にじっと結果を待つしかない。  金も大幅反落。29.8ドル下げてオンス当り1278.5ドルになった。1300ドルを挟んでの攻防が終了?高値も反落。6.3ドル下げて1306.7ドルになった。世界的な不安はあいわ変わらずだが、ドルが強いからね。  最終取引は、原油が続落、金が反発。原油が68セント下げる一方、金が3.5ドル上げたのだ。株は日本を除き下げ、ドルは対ユーロで強い中だが、僅か軟化気味。金は未だ1300ドルには届いていない。
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:マネー

原油価格高騰ー14日の原油価格(終値)も何か変な続伸 [原油価格高騰]

 今日のアップも遅かった。がっくりだが、また遅くまでマーケットを見ることが出来た。ストレスは溜まるばかりだが。天気は気紛れ。気温は下がった。週末には更に下がるとか。本当?嫌だな~。  14日の原油価格(終値)も僅か続伸。25セント上げ、バレル当り66.89ドルになった。何か変。株はまちまち。ドルは対ユーロで大分戻した。ムハンマド皇太子はプーチンに招かれてワールドカップへ。カップ外交?  ブレントは反落。80セント安の75.94ドルになった。WTIが上げたのに下げたのは投機のブレントらしくない。アメリカの原油、ガソリン在庫が減少したのにね。サウジ、ロシアの両石油相も会談。どんな結果になるやら?  金は続伸。7ドル上げてオンス当り1308.3ドルになった。1300ドルの攻防が続いている。高値も続伸。7.8ドル上げて1313ドルになった。米中貿易戦争?など相変わらず世界的に不安は高いままだからね。  15日夜の取引は、原油も金も僅か反落中。原油は25セント、金が15ドル下げている。株は下げ、ドルは対ユーロで、また、軟化気味。金融要因では原油にミックス、金には強気と言ったところ。金は昨日上げ過ぎだったか?
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:マネー

原油価格高騰ー13日の原油価格(終値)は僅かながら妙な続伸 [原油価格高騰]

 今日のアップも遅かった。残念無念だが、その分、遅くまでマーケットを見ることが出来たなんて、強がったり。まあ、ストレスは溜まる。天気は少し良くなった。気温は上がったが、週末にはまた下がるとか。なんか変。  13日と原油価格(終値)も僅か。28セント上げ、バレル当り66.64ドルになった。株は下げた。ドルは対ユーロで弱いまま。  ブレントはようやく反発。86セント高の76.74ドルになった。WTIより上げ幅が大きかったのはさすが投機のブレント。アメリカの原油、ガソリン在庫が減少したからね。いずれも問題になるような在庫水準ではないが。  金は僅か反発。1.9ドル上げてオンス当り1301.3ドルになった。1300ドルの攻防が続く。高値も僅か上げた。40セント上げて1305.2ドルになった。相変わらず世界的に不安は高いままだから、こんなところか。  14日夜の取引は、原油も金も続伸中。原油は僅かな時間の間に上げ幅を広げている。金も上げてはいるがその幅は小さい。ヨーロッパ株は上げ、ドルは対ユーロで急激に戻し中。なんだこれは?利上げの影響か?
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:マネー

原油価格高騰ー11日、12日の原油価格(終値)はともに僅かながら上昇 [原油価格高騰]

 今日のアップも遅かった。それでも、昨日はアップが出来なかったのだから、アップ出来ただけ良かった。ストレスは溜まるばかり。天気は少し良くなった。予報では、晴れて、気温がぐんと上がるとか言っていたが。  11日、12日と原油価格(終値)は僅かながら上げた。即ち、11日が36セント、12日が26セント上げたのだ。バレル当り66.36ドルになった。株は上げて下げた。ドルは対ユーロで戻した後に軟化。僅か上げが鈍ったのはそのせいか?まあ、動きが小動きだから、様子見気味。  ブレントは11日が横ばい、12日には下げた。12日の下げは58セントと大きかった。結果、75.88ドルになった。WTIと対称的に下げたのは、投機のブレントらしくない。まあ、こちらの方が需給に沿っているが。  金も上げて下げた。11日に50セント上げたものの、12日には3.8ドル下げてオンス当り1299.4ドルになった。1300ドルの攻防。高値も上げて下げた。11日に2.2ドル上げ、12日に同じ2.2ドル下げたので、1304.8ドルに戻った。北朝鮮問題は一段落の様相だが、相変わらず不安は多いまま。
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:マネー

原油価格高騰ー週初11日夜の原油価格は妥当に続落中 [原油価格高騰]

 週初のアップは遅かった。それでも、それはいつものことだし、昨日はお休み終値があった分けではない。ストレスが溜まることはない。天気は悪いまま。台風はずれたようだから良かったが、雨は降っているし、じめじめ。  週初11日夜の原油価格は続落中。39セント下げてバレル当り65.35ドルになっている。株は上げ、ドルが対ユーロで軟化中。金融要因からすれば、下げは無い筈だから、需給が緩いと言うことになる。  ブレントも続落中。47セント下げて75.99ドルになっている。WTIより下げ幅が大きかったのは、やはり投機のブレントらしくない。僅か1セントだが、終に76ドル割れ。それでも、未だ異様に高い水準のまま。  金も続落中。3.6ドル下げてオンス当り1299.1ドルになっている。こちらは終に1300ドル割れ。高値は僅か上げている。90セント高の1305.7ドルになっている。金融要因はミックス。世界的に不安が高いままだが・・・
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:マネー

原油価格高騰ー週末8日の原油価格(終値)は僅かながら妥当に反落 [原油価格高騰]

 今日のアップも早くはなかった。本当に何かあるものだ。天気は少し良くなった。でも、明日は悪いらしい。来週に掛けて更に悪くなると言う。本当にそうかとも思わないでもないが、気をつけよう。気温は上昇したまま。  週末8日の原油価格(終値)は僅か反落。21セント下げてバレル当り65.74ドルになった。株はアメリカを除き下げ、ドルが対ユーロで反発。この下げは、需給からすれば、妥当なことだ。ベネズエラ、イランと気がかりだが。  ブレントも反落。86セント下げて76.46ドルになった。WTIより下げ幅が大きかったのは投機のブレントらしくない。それでも76ドル台中葉なのだから、畏れ入った高さにある。  金も僅か反落。30セント下げてオンス当り1302.7ドルになった。高値も下げた。3ドル安の1304.8ドルになった。金融要因は概ね弱気。こちらが効いたか。世界的に不安が高まったままだが・・・  最終取引は、原油が僅か続落、金が僅か続伸。原油が18セント下げる一方、金が80セント上げているのだ。下げたとは言え、原油はまだまだ高い、金も1300ドル台がキープされているのだから、まだまだ高い。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:マネー

原油価格高騰ー7日の原油価格(終値)は大幅反発 [原油価格高騰]

 今日のアップはまた遅くなった。一進一退。何かあるものだ。天気は少し悪くなった。夜には雨もぱらぱら。気温は上昇したまま。やはり汗ばむ。週末には雨が降るらしい。そして台風の影響も出るらしい。こわっ。  7日の原油価格(終値)は大幅反発。1.22ドル上げてバレル当り65.95ドルになった。金融要因は、株は下げたが、ドルが対ユーロで軟化。この上げはまたぞろジオポリ要因らしい。特にベネズエラの輸出減が意識された。  ブレントも大幅反発。1.96ドル上げて77.32ドルになった。WTIより上げ幅が大きかったのは投機のブレントらしい。なんとももはや、77ドル台とは畏れ入った。誠に妙な上げだ。  金も反発。1.6ドル上げオンス当り1303ドルになった。高値も続伸、1.7ドル高の1307.8ドルになった。株は下げ、ドルが対ユーロで軟化だったのだから、金融要因が効いたと言うことか。  8日深夜の取引は、原油が僅か続伸、金が僅か反落中。原油が9セント上昇する一方、金が10セント下げているのだ。ともに、横ばいと言って良い程度の値動き。株は下げ、ドルは対ユーロで巻き返し中。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:マネー

原油価格高騰ー6日の原油価格(終値)は妥当な反落 [原油価格高騰]

 今日のアップは普通に戻った。良かった~。普通が一番。天気は一転良くなった。梅雨入り宣言をした途端に晴れるとは良くあること。気温は再び上昇。汗ばむくらいだ。天気、気温の変化が激しいのは相変わらず。  6日の原油価格(終値)は反落。79セント下げて、バレル当り64.73ドルになった。金融要因は、一昨日と同様、株は上げ、ドルは対ユーロで弱含み。そんな中での下げだから、大したもの。アメリカの原油在庫も増えた。  ブレントも下げたが、ここのところ振幅がWTIより小さい。2セント下げ、75.36ドルになったのだ。投機のブレントらしいと言えば、そうなのかもしれない。それでも未だ75ドル台、妙に高いまま。  金も同様、僅か反落。80セント下げオンス当り1301.4ドルになった。なんとか1300ドル台に止まった。高値は僅か続伸、1.3ドル高の1306.1ドルになった。一昨日同様、ドル安気味だったが、株が上げた。  7日昼過ぎの取引は、原油が僅か反発、金が僅か続落中。原油が26セント上昇する一方、金が30セント下げているのだ。相変わらず、株は上げ、ドルは対ユーロで弱いまま。さて、夕方からどうなるか?
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:マネー

原油価格高騰ー下げて上げた4日、5日の原油価格(終値) [原油価格高騰]

 今日のアップも遅かった。昨日などはアップも出来なかった。辛いな~。いろいろあるものだ。天気は一転悪くなった。雨も降った。気温は少し下がったようだが、むしむししていた。もう梅雨かな~。  週初4日の原油価格(終値)は下げたが、5日は僅か戻した。1.06ドル下げ、77セント戻し、バレル当り65.52ドルになった。株は上げ、ドルは対ユーロで弱含み。そんな中での下げ、上げだった。  ブレントも同様の動きだったが、その振幅は小さかった。50セント下げ、9セント戻して、75.38ドルになったのだ。まあ、投機のブレントらしくない動きだった。それでも75ドル台なんだから、大したもの。  金も下げて、上げた。2ドル下げたが、4.9ドル上げてオンス当り1302.2ドルになった。高値も同じ動き。2.5ドル安の1304.8ドルになった。ドル安気味だったが、株が上げた。  6日夜の取引は、原油も金も反落中。原油が25セント、金が2.2ドル下げているのだ。株は上げ、ドルは対ユーロで弱いまま。本格的動きはこれからだが、原油の潮目は変わったのか、そうでないのか、微妙なところ。
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:マネー

原油価格高騰ー週初4日深夜の原油価格は妥当に続落中 [原油価格高騰]

 今日のアップは相当に遅くなった。でも、昨日はお休み終値があったわけではないから気楽だ。天気は良いまま。気温は上がり、熱いほどの時もあった。梅雨になるような感じがしないが、もうすぐ梅雨入りのようだ。  週初4日深夜の原油価格は続落中。58セント安のバレル当り65.23ドルになっている。ファンダメンタルズからすれば妥当なことだが、株は上げ、 ドルは対ユーロで弱含み。そんな中でこの下げだから、相当に弱気。  ブレントも下げている。95セント下げ、75.84ドルになっているのだ。WTIより下げ幅が大きいのは投機のブレントらしくない。まあ、75ドル台なんだから、未だ相当に高いままだ。  金も続落中。50セント下げてオンス当り1298.8ドルになっている。高値も続落中。2.5ドル安の1302.3ドルになっている。ドル安気味なのだが、株が上げているからね。本格的動きはこれからだが・・・
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:マネー
前の10件 | -